oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【広告対策】 5月27日 熱射病(いわゆる熱中症)対策について一言

多忙。
またなんか書ける日が来ることを願います。

今年の夏は、たぶん超猛暑。
残忍かつ残酷なほどの暑さになるでしょう。
水分の摂り過ぎに注意しましょう。
体の水分の過少に注意するのではなく、その過剰に注意しましょう、ってこと。

さて、超猛暑。
熱射病(いわゆる熱中症)は体の水分の不足で起こるのではありません。
熱射病は脳を含む中枢神経のいわばオーバー・ヒートが原因です。
ですから熱射病と推察される症状で倒れた人を見かけたら、先ず、その人の脳を冷やしてあげることを考えましょう。

しかしながら、骨性の保護を受けている脳を直接に冷やすということは難しいので、脳に行く血液が流れる血管とその近辺(首や肩、脇の下あたり)を、タオルやハンカチで巻いた氷で冷やすのが良いでしょう。氷はコンビニで売っています。
水分の補給は容態が充分落ち着いてからでも遅くはありません。

体の水分が不足して熱射病(いわゆる熱中症)になるのではありません。
ここにも一つ、「常識のウソ」があります。
NHKを筆頭とするマスメディアの言いふらす「医療・健康情報」に騙されないように。
体の水分がたっぷりでも、脳を含む中枢神経のオーバー・ヒートが生起すれぱ、熱射病(いわゆる熱中症)の症状が発現します。
水分の摂り過ぎに注意しましょう。





スポンサーサイト

【広告対策】 4月24日

またなんか書きます。

ああ、疲労。

でも先週末はいいことあった。

ギター、ドラム、ベース、そしてボーカル。

迫力をありがとうございます。

本当の本当に自分が行きたい「場所」には、どんな困難が想定されても、行くべきだと思うんだよね。

普通より少し時間はかかってもね。

後腐れの無いように。

またお邪魔します。

これからもよろしくお願いします。





「 LiveLinks / LiveMarks 」の修復については昨年末から考え中。
 あるほうが便利だと思いますので。



【広告対策】 3月30日

またなんか書きます。

ログインする度にパスの変更というか更新を求めてくるんだよね。
うぜーわ。

相変わらずの保守界隈ですな。
ネットに溢れる自称保守、自称真正保守ドモです。
著名な大先生を含む自称保守ドモ・自称真正保守ドモは、憲法論と経済論でほぼ壊滅します。
自身の壊滅を連中が予感できるのかどうかは知りませんが、そういう連中は今年中には政治経済論の戦線から離脱していきます。
つまり、連中は逃げ出すってことです。
ただ、連中にしても「逃げた」と思われたくないでしょうから、お得意の「民主主義」や「国民主権」の論を主張するでしょう。
まあガンバレよw






【広告対策】 3月5日

また何か書きます。

一日16時間労働とか、一日24時間労働とかしてる、まことに善良な日本人を、如何にすれば保守の思想・思考の世界へと導くことができるのかが課題。彼らは日常の生活そのもので精一杯なのだ。疲労し、忙殺されている。

有能な人手の不足をついに実体験し始めてしまった自分。いま現在、自分が希望すれば一日16時間労働で、あるいは一日24時間労働で、一年365日、働くことができます。それだけの仕事があります。小生は「疲労し、忙殺され」るのがイヤで、これまで仕事が増えるのをキッパリと冷淡に断ってきたのです。しかしながら、断るのも限界のようです。

ちなみに安倍政権は、この「人手の不足」を、なぜか外人で補充しようとしている勢力に対抗できていないのです。そして、そのことをなるべく問題にしないのが安倍信者、自民党・公明党の信者です。

「多文化共生」「差別反対!」「平和友好」をいわば当然の信条にしている恐ろしい数のバカが、その場その場で労働者を集めた結果、日本人のためのセーフティ・ネット(生活保護や社会保険、健康保険など)に寄生ないしは便乗する反日寄生民や犯罪者、ならず者の犯罪予備軍が日本社会にだんだん増えてくるのは当たり前。そのトバッチリを受けるのは、いずれ日本人であり、その尻拭いや後始末をするハメになるのは、どの道、日本人。これは武器を使わない侵略であります。

そうした侵略を阻止し、かつ報復するために、日本人なら仕事をしてください。




【広告対策】 2月14日

またなんか書きます。

風邪っぽいかな。
昨日の夕方あたりから、体、寒気がするわ。
アスコルビン酸のおかげか、ここ5年くらいは風邪とは無縁だったんだけど。

今年のカレンダーを見ると、やったら「振替休日」が多い。
「振替休日」のおかげで祝日の意義や有難さが少なくとも半減しているのではないだろうか。

そこに「ハッピー・マンデー」という名の「脳ミソお花畑マンデー」が加わる。
こういうバカな制度はいい加減、廃止すべきである。
「ハッピー・マンデー」なる中途半端な休日のせいで、なんとなく心身の調子を崩す人が多いのではないだろうか。

「振替休日」も「ハッピー・マンデー」も必要ないと俺は考えている。

今日一日、なんとかなれば、とりあえず重症化は回避できるかと予想。
春の風が欲しいね。





チェリーブラッサム - YouTube



 | HOME |  次のページ »