oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

小沢さんは何の病気?

小沢氏が公務取りやめ 「体調不良」で静養

民主党の小沢一郎代表は23日午前、予定していたインドのシン首相との会談を、体調不良を理由にキャンセルした。同日は党本部で党役員会にも出席する予定だったが、公務をすべて取りやめ静養にあてる方向だ。

同党幹部は「入院しているわけではないと思う」としている。

小沢氏は風邪をこじらせてのどを痛めたとして、13日まで1週間、都内の病院に入院した。退院後も「微熱があり、体調はあまり良くない」としていたが、22日には福岡に出張し次期衆院選に向けた地方行脚を再開したばかりだった。

シン首相は、小沢氏に代わって会談した民主党の鳩山由紀夫幹事長に対し、「小沢代表が体調を崩され、とても残念だ」と述べた。

(MSN産経ニュース、2008.10.23 11:22)



たとえばチューゴク共産党の"国家主席"や"首相"が相手なら体の無理をおしてでも会うが、インドの首相が相手なら無理してまで会うことはないということか?

それとも風邪どころではない、何か重篤な疾患を抱えているのか?

ん~。どっちかでしょう。あるいはその両方。

たとえば、党首としてほんの数分だけ首相と挨拶話を交わして、少し仕切りを設けてから、あとの話は代表代行や副代表などの役員に任せるという段取りもできたはずですよね。その数分の挨拶話もなさらなかったわけですから。


健康が早期に回復するのならともかく、激務に対する持久力のない健康不良者に、総理のイスや党の要職に就く資格はそもそも無い。

こういう小康状態が続くようなら、民腫党の信者からも「小沢さん、ホントに大丈夫なの?」との声が聞こえてきそうでんな。

ま、国連中心主義なんてほざいていると、好むと好まざるとにかかわらず、アメリカ連邦政府その他から嫌われるのでございます。そのへんも祟ったんですかね。


経済においては、かつて住専国会で公的資金注入を阻止すべく、野党を率いてピケ戦術を張った小沢さん。マスメディアの煽りも大いに加勢し、バブルの後始末を遅延させることに、結果的に成功しました。

この金融危機の最中、公的資金注入阻止の前科者に吹く風はどんなもんなんでしょうか。


だから、それでも「小沢で戦う!」とする民主党が正直ようわからんのよ。






スポンサーサイト

メディアの扱いはやっぱ小さめ。「日印首脳会談」

日・インド首脳会談 (首相官邸ホームページ)
↑麻生閣下のいい表情の写真を久々に拝見したような気がします。

ニュースなどでよく出てくるのは、官邸でのいわゆる「ぶらさがり取材」のインタビューに応える閣下の映像なのですが、やや窮するような、やつれた感じの表情が多いように思います。小沢民主党マンセーなメディア群の手にかかってしまうと、そうなってしまうのかもしれませんが、野菜と根菜と大豆と海草をもりもり、そしてゴマとニンニクを少し食べてがんばってほしいと思います。

日印首脳会談、安保共同宣言に署名

麻生太郎首相は22日、首相官邸でインドのシン首相と会談し、安全保障分野の協力を強化する日印安全保障協力共同宣言に署名した。両国の外相、防衛相間の対話や、海上自衛隊とインド海軍の交流、テロ対策の協議などを進め、具体的な行動計画を早期に策定することで合意した。日本が、米国以外に安全保障分野でこうした協力関係を結ぶのはオーストラリアに次いで2例目となる。

会談で両首脳は、戦略的な2国間関係の前進に関する共同声明にも署名した。両国を「基本的価値と利益を共有する」と位置づけ、インド西部の高速貨物専用鉄道建設計画に、単一事業としては過去最大級となる総額約4500億円の円借款供与に合意した。このほか今回合意できなかった経済連携協定(EPA)の早期妥結や、地球温暖化防止に向けた取り組みの推進なども確認した。

麻生首相は会談後の共同記者会見で、世界的な金融危機に関し、「地域の重要な経済国である両国が連携していくことで一致した」と述べた。シン首相も「両国が協力することで重要な課題に対処していくべきだ」と指摘した。

(MSN産経ニュース、2008.10.22 20:23)



支那の自称"国家主席"だとか首相だとかの来日であれば、はたまたアメリカの大統領の来日であれば、ニュースのトップ項目にしたり、お祭りのごとき扱いをする日本のテレビメディアですが、たとえばインドの首相の来日となると、せいぜい「その他のニュース」扱いか、ほとんどスルー。

共産支那は、その人民をして反日へと教化・教導せしめ、その集合的反日感情を制御して自陣拡大の推進燃料の一つとしている反日陣営の筆頭。経済に資本主義を幾ら導入したところで共産独裁体制であることは何ら変わらない。むしろ共産独裁体制をより強固なものにするために資本主義の導入をやってみた!といってもいいくらい。

日本は、少なくとも10年先、20年先、50年先の国際の枠組みを可能な限り構想し、そのような反日陣営に対峙し得る国々との友好・信頼関係をより確かなものにしていかなければ、それこそ国際社会で孤立するか、どこかの国に吸収されるかでしょう。


インドは、日本にとって友好・信頼関係をより確かなものにしていかなければならない超重要国家の一つ。

そして、この日印の友好・信頼関係を希薄にさせ、遂には無かったことにしてしまおうと、時には大っぴらに、時には巧妙に、あれこれ妨害する主要勢力が支那とその取り巻き。


なお、アメリカは日本に行き着くところ國體破壊の、主権国家無視の占領憲法を権力ずくで押し付けたところの、実はもう一方の反日陣営の筆頭というべきかもしれませんが、現実のこととして、アメリカは日本にとって、もはや安全保障上の不可欠の存在。利害の衝突は当然あっても、日米はともに自由諸国陣営の一員であり、ともに国民国家(ネイション・ステイト)。支那とはそこが違う。

また、現下進行中の金融危機・経済危機で、しばらくの間、購買力なり各種の経済指標なりが弱含みで推移し続けるとしても、未来永劫この危機が続くわけではなく、アメリカがソマリア化したり、北朝鮮化するわけではありません。アメリカを含む北米は、日本の産業にとって、これからも重要なマーケットのひとつであります。






支那の最新鋭フリゲート艦、津軽海峡を通過

津軽海峡 内水 領海 公海 2
紺色域は内水、濃い青色域は領海
(画像は海上保安庁海洋情報部ホームページより)

中国軍艦4隻、津軽海峡を抜けて太平洋へ 防衛省が初めて確認

防衛省は20日、中国海軍の駆逐艦や最新鋭フリゲート艦など4隻が青森県北端の竜飛崎から西南西約37キロメートルの日本海公海上を北東に向けて航行しているのを確認したと発表した。海上自衛隊の哨戒機P3Cが19日午後5時ごろ発見。4隻はその後、津軽海峡を通って太平洋方面に抜けた。中国戦闘艦による津軽海峡通過の確認は初めてという。

4隻は公海上を通っており、領海侵犯はしていない。統合幕僚監部は「中国海軍は潜水艦を含め動きを活発化させ、大陸周辺だけでなく太平洋側にまで活動範囲を広げつつある」と動向を注視している。

4隻のうち最新鋭フリゲート艦「ジャンカイ2級」と補給艦の2隻は対馬沖を航行しているのを海自が17日に発見。駆逐艦「ソブレメンヌイ級」とフリゲート艦「ジャンカイ1級」の2隻はロシアを親善訪問した後に合流したとみられる。

(NIKKEI NET、2008/10/20 21:01)



津軽海峡の真ん中のところは日本の領海ではなかった!

よくは判らないのですが、「特定海域」、これが再考すべき問題のひとつかと思います。

領海及び接続水域に関する法律 附則 

(施行期間)
1 この法律は、公布の日から起算して二月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。

(特定海域に係る領海の範囲)
2 当分の間、宗谷海峡、津軽海峡、対馬海峡東水道、対馬海峡西水道及び大隅海峡(これらの海城にそれぞれ隣接し、かつ、船舶が通常航行する経路からみてこれらの海域とそれぞれ一体をなすと認められる海域を含む。以下「特定海域」という。)については、第1条の規定は適用せず、特定海域に係る領海は、それぞれ、基線からその外側3海里の線及びこれと接続して引かれる線までの海域とする。

3 特定海域の範囲及び前項に規定する線については、政令で定める。

海上保安庁海洋情報部ホームページより引用)



支那からすれば、「公海を通過しただけですが、何か?」 ということになると思います。

日本政府は 「領海及び接続水域に関する法律 附則」 の2と3の見直し、ないしはそれらの削除を考えるべきでしょう。


あぁ。。。津軽海峡は全部日本の領海だと思っていました。

あぁ。。。津軽海峡冬景色。

あぁ。。。





日韓首脳会談なら、「竹島は日本の領土ですが、何か?」 でしょ

首脳会談したがってるのは南鮮のほうなんですよね。日本としては別にこちらから南鮮様にお願いして首脳会談していただく必要はないでしょう。

また、日本としては南鮮との首脳会談は、一ヶ月以内に! 年内に! などと急ぐ理由も必要もないわけです。別に来年の春でもいいわけです。

しかし、首脳会談があるのなら、つぶやきましょう、言いましょう、

「竹島は日本固有の領土ですが、何か?」 と。

韓日首脳会談北京で開催へ、23日で調整 (聯合ニュース)

【ソウル19日聯合】李明博(イ・ミョンバク)大統領と日本の麻生太郎首相が、24、25日の両日に北京で開催されるアジア欧州会議(ASEM)にあわせて韓日首脳会談を開く見通しだ。

政府高官当局者は18日、聯合ニュースの電話取材に対し「日本側が最近、北京で首脳会談を開催したいと伝えてきたため、前向きに検討している。現在は日程を調整中だ」と明らかにした。

今回は麻生内閣発足後初の顔合わせとなるため、独島や歴史問題など敏感なイシューより、米国発金融危機から始まった世界経済危機対策や6カ国協議での共助に焦点を置くと伝えられた。

また、韓日首脳の会談は、日本が7月に中学校の新学習指導要領解説書に独島領有権を明記したことで両国シャトル外交が中断して以来のこととなる。今回の会談が、両国関係正常化の契機となるかが注目される。政府関係者は、「日本と膠着(こうちゃく)した関係を維持していくことは決して望ましくないとの判断から、日本からの首脳会談提案を受け入れたと承知している」と話した。その上で、独島問題は領土主権に関する問題のため、決して譲歩することはできず、首脳会談と両国関係正常化は別途に厳正対処していく方針だとした。



>日本からの首脳会談提案を受け入れたと承知している

相手がそうくれば、日本は「日本から首脳会談を提案した覚えはないですぅ♪」と言えばいいだけです。

>今回は麻生内閣発足後初の顔合わせとなるため、独島や歴史問題など敏感なイシューより、米国発金融危機から始まった世界経済危機対策や6カ国協議での共助に焦点を置くと伝えられた。

いえいえ、米国発金融危機から始まった世界経済危機対策や6カ国協議での共助の話より、南鮮による竹島不法占拠問題や反日歴史捏造問題などに焦点を置く、のほうがいいです。おまけとして加えるなら、数々のパクリ商品の問題について、先方の認識を質してみるなど。

だいたい、「敏感なイシュー」っつっても、南鮮自身や在日マスメディアが勝手に「敏感なイシュー」を創出したり、「敏感」さを醸し出してきただけでは?

「敏感」なところに触れると反日デモが勃発?

だったら首脳会談に合わせて、反日デモもどうか盛大に、過去最大級に、好きなだけ勃発してください。

>韓日首脳の会談は、日本が7月に中学校の新学習指導要領解説書に独島領有権を明記したことで両国シャトル外交が中断して以来のこととなる。

シャトル外交中断、大いに結構!(笑)

シャトル外交するなら、日本は、特亜(支那中共・上下朝鮮)以外の、反日でないアジア諸国、すなわち、台湾、モンゴル、パラオ、インドネシア、インドあたりとやるべきでしょう。インドとの間なら、民生・軍事の別を問わない核・原子力の分野や、ロケット・宇宙開発の分野での二国間交流とか。


まぁ、南鮮といま首脳会談やっても、日本の国益につながるような成果は期待できないでしょう。

あらゆる国が、自国の国益のプラスマイナスを考えて外交やってるんでしょうから、日本も日本の国益のプラスマイナスを考えて外交やればいい。それができない外交ならば、それは売国に等しい。


【 YouTube で前に拾った動画】
YouTube - わたしの竹島ですが、何か?


歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本
(2002/04)
中川 八洋

商品詳細を見る




チャンネル桜 中山成彬氏インタビュー

少し前にブックマークしていたのですが、拝見したのはつい数日前です。
その内容に比して、再生回数の伸びが芳しくないみたいなので、お時間のある方はぜひどうぞ。
チャンネル桜のCS放送再開までは、有志が YouTube にアップされたもので、まだ拝見していないものを探すことにします。

マスメディアの報道がどうであれ、はたまたTBSのアナウンサーや解説者の方々の史観や考察がどうであれ、たとえば、この動画で語られている中山氏の主張やお考えに関して、小生は、ごくフツーに真っ当なもので、ごくフツーに「その通り」と思っているひとりです。

YouTube - 緊急!前国土交通大臣 中山成彬 衆議院議員インタビュー 1/4
YouTube - 緊急!前国土交通大臣 中山成彬 衆議院議員インタビュー 2/4
YouTube - 緊急!前国土交通大臣 中山成彬 衆議院議員インタビュー 3/4
YouTube - 緊急!前国土交通大臣 中山成彬 衆議院議員インタビュー 4/4


思うに、ニッキョウソは今年流行りの支那(中国)の毒食品のようなもので、学校教育におけるメタミドホスであり、メラミンであり、ジクロルボスのようなもの。

異臭や違和感を感じてすぐに吐き出せるならば、まだいいんですが、それが「毒」とはつゆ知らず、小学校で6年間、中学校で3年間、さらに場合によっては高校でも3年間、ニッキョウソ入りの知識を食わされ続けて、気付いたときには体内に結石ゴロゴロ。

メラミンの場合は腎臓に結石ができるそうですが、ニッキョウソにやられた場合は脳に結石ができてしまいます。場所が場所だけに、少々やっかいです。しかも治療費は全額自己負担。治療には長い年月がかかるかもしれませんし、治療が完了する前に、その個体の寿命のほうが先にやってくるかもしれません。

ニッキョウソは学校教育に混入したメラミン!



国が亡びる―教育・家族・国家の自壊国が亡びる―教育・家族・国家の自壊
(1997/12)
中川 八洋

商品詳細を見る




 | HOME |  次のページ »