oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

インフルエンザ、やっぱ今シーズンは大流行なのか

対策お早めに、インフルエンザ患者急増中

国立感染症研究所は2日、全国5000の医療機関から報告されたインフルエンザ患者数が、先月17~23日の週に急増したと発表した。

1定点(医療機関)当たりの報告数でみると、過去10年で最も早く流行入りした昨季に次ぐ多さ。

一部地域では既に流行しており、感染研は、比較的早期に全国に広がる可能性があると注意を呼びかけている。

感染研によると、11月17~23日のインフルエンザ患者数は2632人。1定点当たり0・56人で、前週の0・31人を大きく上回った。昨季同期(1・53人)に次ぐ高い値を示した。

流行開始の判断は、「1定点当たり1人」が目安となるが、既に山梨(5・3人)、島根(2・5人)、和歌山(1・6人)などでは超えた。

11月までの3か月間に報告された患者のうち、5~9歳の割合が最も大きく30・7%。次いで0~4歳(25・9%)と、10歳未満だけで過半数を占めた。ウイルスはA香港型、Aソ連型、B型が確認されている。

感染研の岡部信彦・感染症情報センター長は「今なら、対策がまだ間に合う」として予防接種やうがい、手洗い、マスクの着用などを求めている。

(YOMIURI ONLINE、2008.12.02 11:14)


インフルエンザ流行の兆し 患者増、昨年に次ぐ多さ

インフルエンザ患者の報告数が急増しており、近く全国的な流行が始まりそうなことが、国立感染症研究所のまとめで2日分かった。

全国約5000の定点医療機関から報告された患者数は、11月23日までの1週間で定点当たり0・56人と、前週の0・31人から急増した。この時期の報告数としては、調査開始以来最も流行開始が早かった昨年に次ぐ多さ。感染研は、全国的な流行開始の指標である、定点当たり1・00人を近く超える可能性が高いとみている。

定点当たり患者数が多い都道府県は、山梨(5・25人)、島根(2・45人)、和歌山(1・56人)など。関東、中部、近畿、中国と複数の地域に広がってきている。

感染研は、うがいや手洗いなど日常の注意に加え、早めのワクチン接種を呼び掛けている。

(MSN産経ニュース、2008.12.02 20:22)



10月の始め頃に CEEK.JP で「インフルエンザ」関連の記事を検索したとき、ヒットしたのは数件程度。
でも同じ時期にインフルエンザの予防接種についてのエントリを書いているブログはけっこうありました。予防接種をもうやったとか、まだしていないとか、費用は幾らだったとか。

まだの人は早めに予防接種を受けたほうがいいでしょう。

なるべく痛くないようにしてもらうには、腕でも脂肪の多いところにしてもらう、細い針をリクエストする、など。

ちなみに小生は10月の下旬に某医療センターで予防接種を受けました。

この手の流行病(はやりやまい)は、とかく経済が不調のときに限って、よく流行るものなのかもしれません。


■インフルエンザに関する情報・知識サイト
 国立感染症研究所 感染症情報センター
 東京都感染症情報センター
 MLインフルエンザ流行前線情報DB
 influenza.jp (グラクソ・スミスクライン)






スポンサーサイト

 | HOME |