oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

レイシズムの種を心肝に宿す自称中道の民主・小沢脳

「黒人を選んでまで」 オバマ政権誕生で小沢氏

民主党の小沢一郎幹事長は27日夜の那覇市内の会合で、各国の政権交代事情を紹介する中でオバマ米大統領誕生に触れ「米国はオバマさんという黒人を選んでまで、世の中を変えよう、国を変えようと国民が選択した」と述べた。

 人種偏見が残る米国で、黒人大統領が誕生した歴史的意義を強調したものとみられるが、言葉足らずの「失言」として波紋を呼ぶ可能性もありそうだ。小沢氏は昨年11月にもキリスト教について「排他的で独善的な宗教だ」と述べ、日本キリスト教連合会が抗議するなど物議を醸している。

 また会合で、小沢氏は「私は保守の代表とみられていたが、最近は右翼からは小沢一郎は左翼だと非難され、左翼からは右翼だと非難される。両方から非難されるのは中道を行っていると思っている」とも発言した。

(共同通信 47NEWS 2010/01/27)

---------------------
産経版はこちら
小沢氏 オバマ政権誕生に「黒人を選んでまで」 差別発言か
(MSN産経 2010/01/28)



>オバマさんという黒人を選んでまで、・・・

世界の人々がこれを聞いて、その人々は小沢のことをどう思うかというと、「教養のない奴だな」でしょう。よほどのアホは別として。
ってことが判らないんですょ、てか想像もつかない脳なんです、小沢脳は。はい。

共同通信を持ち上げるつもりは毛頭ありませんが、記事中で、昨年11月のキリスト教についての小沢の発言、「排他的で独善的な宗教」云々を引き合いに出したのは、まぁ、ご明察というべき。一見、関連なさげな二つの発言、この二つの発言それぞれから小沢の内側を窺えば、彼の同じメンタリティの部分が見えるからです。


「キリスト教は独善的」と小沢氏、仏教は称賛
(MSN産経 2009/11/10)

キリスト教徒でもなく、敬虔な何教徒でもない小生がこういうことを言うのはおかしいかもしれませんが、キリストの教えを信じる人たちにとって、キリストの教えとは「真の自由」の源泉であり、「道徳」の主柱そのものなのです。だから、「キリスト教は排他的で独善的」などと言うのは、すなわち、その人々にとっての「真の自由」を否定し、「道徳」を頭から否定するのと同じことなのです。
ってことが判らないんですょ、てか想像もつかない脳なんです、小沢脳は。

こういう、ヒトとしての最小限度の教養すらない者には、政治家は務まりません。海外のさまざまの諸邦の要人と話をして、交友関係を広め、深めることが、政治家の大きな仕事の一領域でしょ。その交友関係が非常に偏るわけです。これは英語で物事が考えられるとかナントカ以前の問題。

そういう脳しか持たない小沢のメンタリティが勢い支那中共や創価学会あたりと、何らかの共感を認めつつ、何かにつけ互いに寄りたがるのは、まぁ納得できるものがあります。「キリスト教は排他的で独善的」と聞いて、大した問題意識を持たない(持てない)のは共産主義者と無神論者ぐらいのはずですから。

もうひとつ思うのは、この種の脳やメンタリティの場合、祭祀(神道)と宗教(仏教、儒教、キリスト教、国家神道、創価学会、統一教会、・・・・)の相違について、果たして人から諭されてそれが判るものなのだろうかと。それが判らない者は、小沢に限らず、民主党議員に限らず、そもそも日本の国政一切を語る資格なしと。どーせ、大したことはできんでしょと。そういう連中には小生は最初から何も期待していません。個人主義の思想・利己主義の思想に基づいた政治しかできないはずだからです。個人主義の思想・利己主義の思想に基づいた政治、それを推進すればするほど、共産主義ないし全体主義と呼ばれる支配(ウシハク)が形成されてゆきます。例として、共産支那(通称:中国)、北朝鮮。

そして、そのような共産支那や北朝鮮をマンセーしている思想保有者、すなわち反日思想保有者を排除するのは、決してレイシズムに基づくものではありません。國體に非ざる思想であるところの個人主義の思想・利己主義の思想に基づく政治の排除ないし防止であって、支配(ウシハク)形成の阻止にほかなりません。実行保守や在特会の行動理念や活動に関して、全体主義者・共産主義者から「全体主義者・共産主義者の排除だ!」と非難を浴びせられるのは至当としても、「レイシズム!」と言われる覚えはありません。頑で偏屈なレイシズムの種を心肝に宿しているのは小沢のほうです。だから本当にレイシズムを憎むのなら、さしあたって先ず民主・小沢を国政から排除しなければなりません。むろん、民主党だけが、小沢だけが、その標的ではありません。

ついでに申し上げておくなら、

>「私は保守の代表とみられていたが、最近は右翼からは小沢一郎は左翼だと非難され、左翼からは右翼だと非難される。両方から非難されるのは中道を行っていると思っている」

に到っては、砂糖水と塩水を混ぜれば真水になると言っているようなものであり、教養のあるマトモなオトナの脳が公の場で語る言葉とは思えません。これは自称保守系・エセ保守の方々にも申し上げたいことです。右と左の真ん中に中道があるのではありません。右と左を妥協し折衷したところに中道を見出そうとするのは不毛であり、せいぜい何らかの一時しのぎであります。もっとも、己と自陣のブサヨ・エセ保守を追求したいなら話は別。右と左を妥協し折衷して誕生するのは、右と左の混合物、妥協の産物、折衷の産物であって、中道ではないのです。これが政党であれば、もちろんそんな政党は保守政党でも中道政党でもないのです(例:自民党、民主党)。






スポンサーサイト

【チャンネル桜・田母神塾】 青山繁晴氏 メタンハイドレート

だれか YouTube にアップしてくれないかなぁと思ってたら、見つけたので。
放送は 22 日(金)でした。

YouTube - メタンハイドレート(Methane hydrate) - 田母神塾 28 (1/3)
YouTube - メタンハイドレート(Methane hydrate) - 田母神塾 28 (2/3)
YouTube - メタンハイドレート(Methane hydrate) - 田母神塾 28 (3/3)
 各 10 分前後の動画です。

『アメリカ、中国、韓国、ロシア、ドイツ、イギリス、フランス、カナダ、インド、これだけの政府機関、エネルギー関係の政府当局者が、すでに日本のことを「隠れた資源大国」と呼んでます。特にアメリカ合衆国の DOE、Department of Energy は、わざわざ意図的に隠された資源大国だよね、という言い方をするんです。誰が誰に隠しているかというと、日本政府が日本国民に対して隠しているということなんです。』 (上掲動画より)


【参考リンク】
新潟県上越市沖の海底に露出した熱分解起源メタンハイドレートを確認、採取に成功
(2006/2/28 プレスリリース - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部)
新潟県上越市沖の海底にメタンハイドレートの気泡を発見
(2007/3/5 プレスリリース - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部)
 ↑
魚群探知機が捉えたメタンプルーム(気泡の柱)の画像、海底に露出したメタンハイドレートとその採取の様子の動画など。
海底の露頭観察 - 私たちを包む - 研究者が創る理学の世界
(東京大学 大学院理学系研究科・理学部)
メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム




民主党・輿石さん、「なぜ辞めなきゃならんのか」 小沢を擁護

輿石さん、党幹事長代行の立場にあって、そこまで小沢を擁護するのなら、政治生命も小沢と一蓮托生としてください。自分だけ助かろうなんてコトは、今後なさらないように。
時事通信の記事のタイトルはあなたに優しい。


法的責任なら小沢氏進退も=民主・輿石氏「その時点で対応」

 民主党の輿石東参院議員会長は23日午後、小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏から事情聴取したことに関し、「幹事長が何か本当に法的に罪を受けることになるとすれば、その時点で対応を考えていけばいい」と述べ、仮に小沢氏が刑事責任を問われる事態となった場合は、進退問題が浮上する可能性に言及した。長野県諏訪市内で記者団の質問に答えた。
 ただ、輿石氏は、記者団が「捜査の進展によっては幹事長交代も考えるのか」とただしたのに対し、「なぜ辞めなきゃならんのか」とも強調。「わたしは幹事長を信じている。真相(究明)への第一歩になるだろう」と述べ、「潔白」が証明されることに期待を示した。


(時事ドットコム、2010/01/23 16:18)



可視化法案にもご執心の輿石さん。
お膝元、山梨の新聞と、変態新聞より。

「潔白信じる」小沢氏を擁護 民主幹事長代行・輿石東氏に聞く

「潔白信じる」小沢氏を擁護 民主幹事長代行・輿石東氏に聞く
辞任求める声「一過性」/対検察「冷静に対応したい」

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題をめぐり現職国会議員が逮捕され、同党は政権与党となって4カ月で正念場を迎えている。同党の輿石東幹事長代行・参院議員会長(山梨選挙区)は21日、山梨日日新聞の単独インタビューに応じ、「小沢幹事長は潔白と信じている」と擁護する考えをあらためて強調。世論調査で、小沢氏の幹事長辞任などを求める回答が7割を超えたことにも「真実が明らかになれば回復する一過性の現象」と述べた。
 一方、党国会議員による「捜査情報漏えい問題対策チーム」の設置など検察への圧力ともとれる動きについては、「(圧力と)受け止められるようならば冷静に対応しなければならない」と、党として慎重に行動する考えを示した。

 -小沢幹事長は、23日に東京地検の参考人聴取に応じるとみられるが、もっと早く応じるべきだったのでは。
 「政治資金規正法違反は形式犯で処理されるケースが多く、小沢幹事長も当初は事情聴取まで必要と考えなかったのではないか。ただ現職議員が通常国会の開会直前に逮捕される異常事態に発展したため、審議への影響も考えて判断したのだろう。説明責任を果たしていないとの声が多いようだが、事情聴取はこれ以上ない説明方法だ。必要があれば、本人が記者会見で説明することもあり得る」

 -共同通信社の世論調査で、小沢氏の幹事長辞任や議員辞職を求める回答が合わせて7割を超えた。民主党の方針は世論と懸け離れていると見える。
 「今回のような問題が浮上すれば予想される数字だ。ただ多くの有権者は、現職議員を含め3人が逮捕されたのだから不正があるのではないかという疑惑の段階だろう。小沢幹事長の潔白を信じており、事情聴取を経て真実が明らかになれば(批判は)一掃されると思っている」

 -可視化法案の検討や、議員内の勉強会発足の動きは検察への圧力ではないのか。 
 「可視化法案は昨年4月に野党間で決めた共同提案だ。足利事件なども踏まえた動きであり、今回の事件が理由ではない。われわれが検察に圧力をかける意図はないが、そう受け止められるならば党として冷静な対応をしなければならない。しかし議員の勉強会は個々の議員が判断したことであり、止めることはしない」

 -参院選を半年後に控え、都道府県連からは選挙への影響を懸念する声が広がっている。
 「現時点だけを見た場合の考え方だ。真実が明らかになり、国民に理解される決着となれば、元に戻る一過性の現象とみている。4月から子ども手当や高校授業料の実質無償化をスタートさせるなど政権公約を実行していけば、影響はない」

 -小沢幹事長から職務代行を依頼された。どう対応するのか。
 「これまでと基本的な役割分担は変わらないが、参院選に向けた都道府県連回りや、役員会、常任幹事会の取りまとめの機会は増えるだろう。ただ小沢幹事長には、潔白なのだから可能な限り自身で出るべきだと伝えている」

(山梨日日新聞、2010年01月22日)


民主党・輿石さん、「なぜ辞めなきゃならんのか」 小沢を擁護 の続き » » »

民主・鳩山政権、変態毎日新聞にも見放される。

コラッ!変態新聞!オマエが民主・鳩山を擁護しないで誰がするwwwwww

クローズアップ2010:浮足立つ民主 首相の資質問う声も

 ◇「戦って」「起訴されないことを望む」

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡る事件で、東京地検特捜部が23日に行う小沢氏の事情聴取をめぐって政府・民主党は浮足立っている。対検察で捜査介入と受け取れる失言を繰り返しては修正、撤回する鳩山由紀夫首相。冷静な対応を求める首相の制止をものともせず検察との対決姿勢を強める民主党。小沢氏という政権運営の重しがぐらつく中、不安と警戒が交錯する鳩山政権の迷走ぶりが目立つ。【田中成之、白戸圭一】

 「行政の長が『中立公正な捜査を』と言う一方で、『起訴されないことを望む』と。明らかに矛盾している」

 22日の衆院予算委員会。自民党の茂木敏充幹事長代理が真っ先に取り上げたのが、政治資金規正法違反容疑で逮捕された衆院議員、石川知裕容疑者に対し「起訴されないことを望みたい」とした鳩山首相の発言。首相は「捜査に介入する意図は毛頭ない。誤解を与えるのであれば撤回したい」と釈明せざるを得なかった。いったんは自らを戒めた首相だが、答弁で再び「捜査で無実が証明されればいいという思い」と蒸し返す不用意ぶり。民主党内からも「なぜそんなことを言うのか」(中堅)と真意をいぶかる声も出た。

 検察を含む行政トップの首相がこうした言い方をすれば、捜査への露骨な介入と映る。それだけに「歴代首相は警察・検察捜査には静観する姿勢を見せ、具体的な言及を極力避ける」(自民党閣僚経験者)のが通例だ。

 首相は16日にも小沢氏と会談した際、「戦ってください」と励まし、批判を浴びたばかり。22日の衆院予算委では、「秘書の罪は政治家が罰を受けるべきだ」とした過去の発言と、首相自身の元秘書による偽装献金事件との整合性を問われ、「政治家と秘書が同罪だと言ったつもりはない」と釈明を重ねた。

 問題点を指摘されるたびに食言を繰り返す首相に対し、野党からは「首相の資質」を問う声も出始めた。

 自民党の大島理森幹事長は22日の記者会見で「問題の根本的重要性が分かってない。言葉の軽さに『総理の資格有りや、資質有りや』と問わざるを得ない」と批判。公明党の井上義久幹事長も「極めて不見識。発言の軽さが端的に表れている」と追及の構えを強めた。

 予算委後の閣議後記者会見では、菅直人副総理が「あまり深刻に考える必要はない」など問題視しない発言が相次いだが、平野博文官房長官は「一国の総理の発言は重い」と自重を促し、支持率低下への危機感も広がる。

 首相は22日夜、記者団に「誤解を与えるような発言は極力慎むようにしたい」とうつむき加減で語った。
  (以下略)

(毎日jp、2010/01/23)



いまさらのように、白々しさ漂う「首相の資質問う声も 」とのタイトルに吹いた。
さすがは変態新聞である。犯罪の当事者でありながら、その現場において、通りすがりの第三者を装うようなものである。

しかしなあ、倒産に向けて絶賛快走中の変態新聞にまで突き放されたら、
あとはゲンダイぐらいしか残っていないじゃんwwwwww






マイクロ波と空気でロケット上昇!

マイクロ波でロケット発射に成功 東大が実験、燃料を節約

 電子レンジなどで利用される電磁波の一種「マイクロ波」を照射し、そのエネルギーで模型のロケットを発射することに小紫公也東京大教授(宇宙推進工学)らのチームが成功し15日、神奈川県相模原市で開催中のロケット開発のシンポジウム(宇宙航空研究開発機構主催)で発表する。

 今回は初歩的な実験だったが、実用化できればロケットに搭載する燃料を激減させ、機体の小型化、低コスト化につながるとしている。

 ロケット下部の凹面鏡のようなへこみにマイクロ波を下から照射し、一点に焦点を結んだマイクロ波が空気を瞬間的に約1万度まで加熱し、爆発的に膨張した空気がロケットを押し上げる仕組み。実験では、電子レンジの約千倍の電力に当たる600キロワットのマイクロ波を当てたところ、重さ126グラムの金属製ロケットが1・2メートルの高さまで跳ね上がった。

 実用化までにはより高出力のマイクロ波の照射方法や機体の姿勢制御の手段など検討課題は多いが、理論的には宇宙への輸送手段として十分に利用可能だという。小紫教授は「今後20年以内に、高度3万6千キロの静止軌道に約100キロの物を運べるまで性能を高めたい」と話している。

(共同通信 47NEWS、2010/01/14)



かのH2Aロケットだって、『すべては全長23cmのペンシルロケットから始まった』!
 ↓ ↓ ↓ ↓
JAXA channel より

YouTube - ロケット開発のあゆみ~ペンシルからM-Vまで~



こういう科学技術の重要性を理解せず、その基礎研究に必要な予算を「仕分け作業」なる愚のパフォーマンスの演出のために圧殺したのが民主党であると、小生は認識しております。

財務官僚の筋書きに従い「仕分け作業」を行った民主党は日本国民の敵である、とも理解しております。





 | HOME |  次のページ »