oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【Firefox 3.6】 「或る一般ユーザーのおすすめアドオン集」 更新

「或る一般ユーザーのおすすめアドオン集」を Firefox 3.6.* 対応版に更新しました。
或る一般ユーザーのおすすめアドオン集 :: Add-ons for Firefox

3.6 になって Personas の着せ替えが標準搭載になったので、テーマはコレクションから削除。コレクションの構成の見直しと、より小さいサイズのアドオンへの乗り換え等によって、計62こになりました。


スポンサーサイト

【Firefox 3.6】 「或る一般ユーザーのおすすめアドオン集」 更新 の続き » » »

【動画】 口蹄疫と政府・民主党 【これまでの経緯】

YouTube - 【口蹄疫】宮崎を見捨てた民主党


ニコニコ動画より転載
「外山さつき」とあるのは、「外山いつき」の誤りです。
山田副大臣が宮崎入りしたのは4月29日です。
  ― 以上、うp主コメントより


政権政党の無能ぶり。マスメディアによる当該報道の僅少・過少ぶり。

今回の口蹄疫の被害拡大。これを人災と言わずして何と言う。

反日思想・国民主権思想によって本来の精神が麻痺し、本来の責務を忘却している連中に、政権担当の脳力も資格もなければ、報道担当の脳力も資格もない。

そういう連中は国民にとっては害でしかない。

その害人が、政権を担当し、政策を指揮し、あるいは報道を担当しているのである。

支持する政党がないとしても、選挙においては、有権者それぞれが、害人の比率のより少ないと思われる政党やその構成員に投票すべきである。

害人=日本国民を困らせ、日本の国益を害する人。ちなみに反日思想保有者や共産支那からすると、日本の国益を害する人は「益人」であり、日本の国益を増進させる人は「害人」となるに違いない。




YouTube 動画検索 - 「口蹄疫」 (新着順)






【動画】 情報統制の裏で拡大する口蹄疫被害

YouTube - 【藤井厳喜】情報統制の裏で拡大する口蹄疫被害(1)


YouTube - 【藤井厳喜】情報統制の裏で拡大する「口蹄疫」被害(2)



★ 必見 ★
たぬき山 今、そこにある危機
今回の口蹄疫の状況について、「現地の方達との2chでのやりとり」のまとめということです。

【2010/05/09 18:30 追記】
上掲のリンク先ページが消失した模様なので、同ページの google のキャッシュへのリンクを掲載。しばらくの間は以下のリンクから見ることができると思います。
↓↓↓

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:http%3A%2F%2Fpseudotanuki.blog130.fc2.com%2Fblog-entry-1.html





口蹄疫対策、東国原知事「後手後手だ!」 官房長官が拡充を指示も赤松農相は外遊中

 平野博文官房長官は7日の閣僚懇談会で、宮崎県で過去最悪の被害が出ている牛や豚の口蹄(こうてい)疫対策として(1)防疫措置の徹底(2)発生農家の経営対策(3)地元自治体への適切な財政支援-に関係省庁が連携して取り組むよう指示した。記者会見では災害派遣中の陸上自衛隊の拡充を検討する考えを表明した。

 これを受け、原口一博総務相は特別交付税による自治体支援を表明した。

 だが、口蹄疫は先月20日に確認され、すでに殺処分頭数は4万4千頭に上る。派遣された自衛隊は処分した家畜を埋める場所がなく立ち往生しており、政府の初動対応の遅れを指摘する声は強まっている。

 宮崎県の東国原英夫知事は7日、宮崎市内のホテルで民主党の小沢一郎幹事長と会談し、対策の拡充を要望した。知事は会談後、記者団に「指揮系統が後手後手に回っている。こういう危機管理をきちっとやってもらいたい」と政府の対応に不満を表明した。

 それを象徴するのが、問題を所管する赤松広隆農水相。先月30日からメキシコ、キューバ、コロンビアへの外遊中で7日の閣僚懇を欠席した。

 また、畜産農家への融資を担う独立行政法人や社団法人は政府の事業仕分けの対象となり、基金の返納や事業の縮小などの判定を受け、動きが鈍くなっているとされる。宮崎県選出の江藤拓衆院議員(自民)は先月22日の衆院農水委員会で「10年前は発生した朝から農水省からファクスで資料が次々に届き、いろんな指示が飛んだが、今回は何の指示もない」と指摘したが、政府の対応は遅々として進まなかった。


(MSN産経ニュース 2010/05/08 00:48)



オイ! コラ! 赤松農水大臣の国会事務所!
デンワ通じへんやんけ!
ゴルフでも行ってんのか?


「NHK様、どうして全国ニュースで優先度を上げて報道されないのですか?」等のお問い合わせ先はこちらです。
↓↓↓↓↓
NHKおよび放送番組についてのご意見・お問い合わせ
NHK - みなさまの声にお応えします | 電話によるご意見・お問い合わせ
「受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)」

今日はだいぶ混んでるみたいな感じでした。
数日前にお電話を差し上げたときにはそんな感じはなかったんですけど。

産経も続報が少ないな。



★ メールを送信下さった方へ (日本国憲法無効論他)

ご所望の回答内容に果たしてどの程度近づくことができるのかは判りませんが・・・。

いただいたメールの内容を合計すれば長文であるとともに、分析すれば、ご質問の数が結構あるように思います。申し上げられることの内容如何は、貴方様が保守の思考ないしその哲学をどの程度ご了解なのかということに概ね依存します。余り箇条書きの目立つような回答になってしまってはよろしくないと思います故、一時に逐次お答え致すことは、この際、控えたいと存じます。ご質問に対するお答えの一部分、ないしはそれに近似することがらは、これまでの拙エントリの文中にも散見されると思います。

ただ、貴方様の「無効論」についての記述は、ご紹介のページも含め、いわゆる失効論であり、即ち有効論の一種であり、無効論ではないと判断致します。そして、「する」のは、日本国憲法の憲法としての無効の宣言ないし無効の確認決議・採択であって、日本国憲法を今以後のある時点において、その時点から無効にするとか、失効させる(=その時点までは憲法として有効であったとする)のではありません。それは無効論とは真逆の有効論(の一種)であります。余談ながら、真の保守を標榜されるチャンネル桜にご登壇の面々のなかにも、度合の多少にかかわらず、そこら辺の怪しい方々がいらっしゃることを小生は看過していません。

それから、実は、大日本帝國憲法第一条の「統治ス」の「統治」と、同第四条の「統治権」の「統治」は、字は同じでも意味に大滝の濫觴と大河の河口ほどの差があります。「統治ス」のところは原案では「治ス(シラス)」でしたが、意味に変化はないとされています。「法の支配」の「法」を近現代風の国憲の条文に表記するならば、大日本帝國憲法第一条と相成るに違いありません。「法の支配」の「法」は「作り出されるもの」ではなく、代々の祖先から相続される叡智の積合の内に「見い出すもの」であります。「作り出されるもの」は「法治主義」や「法治国家」の「法」には成り得ても、「法の支配」の「法」には成り得ないのです。

そうした問答や、その要点の認識に不可欠となる思考を端折って、すっ飛ばして、あるいは避けたり先送りにして、皇位継承についてだの、自衛隊の正規軍化についてだの、憲法論議だのを、どんなに知識や教養や学歴のある、そして社会的に高い地位にある者が熱っぽく語り合い、あるいはときに目に涙を浮かべて訴え、あるいは行動を起こしても、國體護持に通ずる真に円満な解決に到ることは断じてありません。そうした点についてはまだまだ啓蒙が必要です。

その「・・・、端折って、すっ飛ばして、あるいは避けたり先送りに」しているだけなら、頭が弱いだけなのか、学習意欲がないだけなのかもしれませんが、醜いのは、そうした際に「国民主権」論や「民主主義」を持ち出す西洋思想うっとりどっぷり系のお勉強くん(量産モノの人工秀才)というかアホです。小生は、「国民主権」や「民主主義」、のみならず「君主主権」も「天皇主権」も否定します。「保守の団結」については、そもそも、「国民主権」や「民主主義」を容認しながら保守や國體護持を語り、保守の団結を呼びかけるのは、保守の仕事ではなく、反日お左翼や人民革命遂行友の会の工作員の仕事です。それをやっている本人がそれを認識ないし確信しているか否かは問いません。まぁ、democracy を「民主主義」などと訳したのが誤りであり、「国民の政治参加」 「国民参加の政体」ぐらいにしておくべきでした。

それから、道徳は、選択の問題ではなく、強制です。一たび生を得た以上、その生(死を含みます)が強制であるのと同じです。道徳を離れて自由は無く、また自由を離れて道徳はありません。かつて「モノの豊かさは一応満たされたけれど、こころの豊かさは・・・・」などというような言い回しが流布した時期がありました。この「こころの豊かさ」に自由が含まれるなら、道徳を捨てて「こころの豊かさ」が満たされることはありません。なぜなら、自由と道徳は同じものの別の名なのですから。道徳の無いところに自由はありません。道徳教育とそれと呼応・連携する国語・国史教育が正しく行われることが、国士国民としての自由を享受できる前提になります。

それから、支那は国ではありません。地区ないし州であります。欧州と謂うが如く支那州とでも謂うべきでしょう。国ではないクニモドキが「中華人民共和国(盲信的通称:中国)」などと名乗って、連合国(盲信的通称:国連) Permanent 5 の一員にちゃっかり納まっていますが、そもそもその「中華人民共和国」なる「名」からして虚偽、ペテンであります。「中国海軍」などというのも虚偽であり、海賊の一種、ないし重武装の暴力団と看做して対処すべきであります。


最近、ブログを更新しないのは、多忙で6時間以上連続して睡眠できる機会が一週につき2回か3回しかないということと、政治情勢が予想通りの展開しすぎだから、というのがまぁ、主な理由で、加えて、参加される皆様のジャマにならない範囲で「行動する保守、実行する保守」の活動のお手伝いをさせていただいていること、また、某所で以前から真面目な方々の目障りになっていた、しつこいブサヨ工作員に静かになっていただくための作業をお手伝いしていたためであります。まぁ、鳩山が衆議院の解散にでも舵を切ってくれれば多少はオモロくなるかもしれませんが、たとえ、それで民主が議席を増やそうとも減らそうとも、現状の危機の中身が和らぐことはありません。数(票数)の上では、民主マンセー教諸派の信者よりも、アンチ民主・アンチ特亜で外国人参政権に反対で憲法9条改正支持であれば「保守だ!」 「保守に違いない」等々と考えているエセ保守のほうが、はるかに多いからです。危機の本質は、民主党でも共産支那でも米国国務省でも朝日新聞社でもNHKでもなく、我が国の有権者のそのエセ保守ぶりにあります。しかしながら、一方において、国民・有権者のエセ保守ぶりに関しては、少なくとも幕末や明治の御世の政治に係わった諸卿・諸公・諸大臣をも含め、我が国のここ150年ぐらいの大して変わっていない傾向とも小生は観ています。

以上、いただいた問いかけに対する小生の答えの一部に過ぎませんが、回答不足の部分については、後日の機会にということでお赦しを賜りたいと存じる次第です。

追加で何かございましたら、コメント欄にて、もしくはメール・フォームから、お聞かせいただければ幸いです。





 | HOME |