oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

★ 2011/08/03 にコメントを送信下さった方へ (日本国憲法無効論他)

【そのコメントより】

中川八洋先生については、なぜ日本国憲法は「憲法として無効」とならないのか、私も疑問に思っていました。彼は、井上毅について絶賛していますし現代の井上こそが求められるとも述べていましたよね。つまり、帝国憲法について認識がおありなのに、無効とならず、「憲法改正」となって改正案さえも出しています。
私の疑問解決法は、彼が英米憲法を保守主義の正統とほめたたえて、一方で共産主義を悪の権化のように嫌っているようであることから始まりました。彼の論法には、英米の悪が出てきません。しかし他ならぬ英米=GHQがこの悪憲法を強要したのではなかったでしょうか。彼はGHQの悪を問うどころか擁護しています。日本国の現状は、赤の官僚学者たちによってもたらされたのだと説いています。おかしなことですね。その赤い者どもは、GHQが取り入れた者たちでしょう。
中曽根などと同類ですね。つまり英米の手先にすぎません。

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/blog-entry-139.html



>日本国の現状は、赤の官僚学者たちによってもたらされたのだと説いています。おかしなことですね。
>その赤い者どもは、GHQが取り入れた者たちでしょう。


小生は「おかしなこと」とは思っていません。中川八洋先生の諸著作における、そのあたりに関連する記述について、小生はその通りだと考えています。

英米がどこでどのような悪事をしていようと、どのような素晴らしいことをしていようと、GHQ がどのような悪事をしていようと、どのような素晴らしいことをしていようと、「赤の官僚学者」がどこでどのような悪事をしていようと、どのような素晴らしいことをしていようと、ナチ党員がどこでどのような悪事をしていようと、どのような素晴らしいことをしていようと、要は、それらの行いが「永遠のいま」における日本国の国益と「永遠のいま」における日本国民の生活にとって有益か有害かということ、ないしはその益と害の考量です。その判断の際、小生は、何らかの主義(イデオロギー)や信念には与せず、原則としてそれらを排除します。

歴史上、日本は諸外国・異邦との付き合いにおいて、ある部分だけを一見すると、そしてその部分だけを熟慮すればするほど、日本にとって、民族的感情的の怒りと悲しみを爆発させるべきほどの不利・有害であると一般に捉えられている事柄であっても、國史というマクロな視線で観るなら、それが必ずしも不利・有害とはなっていない事柄がたくさんあると、小生は観ています。日本には、ワガママこの上ない連中たる諸外国・異邦と、あるいはまた、しばしば労苦や災いをもたらす自然の巨力と、それなりに上手く付き合ってきた歴史があります。

その付き合いを日本にとって不利・有害なものへと誘導ないし転化、あるいは捏造ないし歪曲することに血道をあげていた(血道をあげている)のは、何らかの主義(イデオロギー)や信念を信仰する、比較的高学歴の自称知識人・自称有識者であり、これは外人のなかにもいれば日本人のなかにもいるでしょう。

しかしながら、外人がいかに対日工作をしようとも、日本国の諸政策や法的諸判断の最終決定を行う場の構成員、さらにはそれらを執行する諸機関の構成員の圧倒的大部分は、外人ではなく、日本人であります。福澤諭吉も大隈重信も尾崎秀実も近衛文麿も宮沢俊義も我妻栄もカン・チョクトも鳩山某も、彼らの思想の国籍は不明なるも、紛れもなく日本人でした。

外人による対日工作は、あって当たり前と考えます。そして、「外人による対日工作」に共鳴・便乗して実行される「反日日本人による対日工作」こそ、「外人による対日工作」以上に影響重大で、この「反日日本人による対日工作」によって、元々の「外人による対日工作」のもつ侵襲性・毒性が保持され、かつ元々の「外人による対日工作」にはなかった新たな侵襲性・毒性・持続性が補充・加増されている、という認識が正しいのではないかと考えます。

日本人の主敵は反日日本人であります。次いで反日外人。そして反日日本人・反日外人の主敵はソイツ自身であります。


スポンサーサイト

★ 2011/08/03 にコメントを送信下さった方へ (日本国憲法無効論他) の続き » » »

★ 2011/06/27 にコメントを送信下さった方へ (日本国憲法無効論他)

【そのコメントより】

私は日本国憲法は有効で改正されたものも有効であると思っています。
むしろフィクションなのは、日本が独立国という事なんではないかと思います。
どこまでも自由度が高い占領国家と捉えれば、今の日本の現実に合うと思います。
つまり、憲法改正とは、独立国としての憲法改正ではなく、占領国家としての憲法改正でしかありません。
現行憲法を国際法に基づき無効にして、帝国憲法を表に出さない限り、日本の独立は無いのです。
日本はサンフランシスコ講和会議での主権回復という詐欺に大々的に引っ掛かってしまったというのが、私の考えです。

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/blog-entry-138.html



以前にも似たような内容のコメントというかメールを拝受したことがあるのですが、小生が申し上げられることの内容如何は、貴方が保守の思考ないしその哲学をどの程度ご了解なのかということに概ね依存します。

たとえば、

>日本国憲法は有効で改正されたものも有効であると思っています。

これには反論の仕様もなければ、賛同の仕様もありません。なぜなら、そもそも、日本国憲法の真正無効論者、ないし大日本帝國憲法の真正護憲論者は、「日本国憲法は憲法として無効である」と、その論を展開しているのであって、「日本国憲法は無効である」と主張しているのではありません。また、「日本国憲法は有効である」の反対が、日本国憲法の真正無効論ないし大日本帝國憲法の真正護憲論の主旨でも見解でもないからです。

「日本国憲法は有効である」は、「日本国憲法は無効である」と同じくらい、意味不明なものなのです。

対して、

>現行憲法を国際法に基づき無効にして、

これには論評が可能です。

「国際法」が何を指すのかは判りませんが、貴方の仰る「現行憲法」が「日本国憲法」であるとして、我々がなすべきことは日本国憲法が憲法として無効であるということの宣言ないしその確認決議・採択であって、これは日本の内国の問題であり、それをするにあたり、アメリカ様のお許しも、中国様のお許しも、朝鮮のキム様のお許しも、何らの国際的委員会の許諾も必要ありません。

また、「無効にして」とか、あるいは「無効にする」「無効化する」のではなく、同じことの繰り返しになりますが、なすべきことは日本国憲法が憲法として無効であるということの宣言ないしその確認決議・採択であります。日本国憲法を今以後のある時点において、その時点から無効にするとか、失効させるのではありません。

多少、蛇足かとも思いますが、貴方の今後の理解の一助となるべく(返って混乱させることになるかもしれませんが)、ごく一般的ないし参考的な例を挙げます。

「憲法無効論とは『現行憲法は無効である』というものである」という言説があります。この「現行憲法は無効である」という短い文脈には、誤認が二重に含まれています。真相の一つは、繰り返しになりますが、真正(日本国憲法)無効論者ないし真正(大日本帝國憲法)護憲論者は、「日本国憲法は憲法として無効である」と、その論を展開しているのであって、「日本国憲法は無効である」と主張しているのではないということ。もう一つは、「現行憲法」の意味が「現」に「行」われている「憲法」ということであるならば、大日本帝國憲法こそ「現行憲法」であるということであります。





★ 2011/08/17 にコメントを送信下さった方へ

あまりにも意図不明で、何らかの商用サイトへの誘導かもしれないとの疑いを打ち消すことができないうえ、当該エントリの内容との関連性が認められない内容であると判断いたしましたので、申し訳ありませんがブログ表面から削除させていただきました。

エントリの内容に関連のない、ブログ全体のこと等についてのご意見・ご提案等であれば、メール・フォームよりご送信下さいませ。その場合、いただいたメールの内容を公開するかしないか、またこちらから何らかのご返答を差し上げるかどうか等に関して、予めお約束できることはありません。

なお、コメントの内容を含む送信情報は半ば自動的に保存しておりますので、いただいた内容を没にしているわけではありません。ご理解を賜りたいと存じます。



 | HOME |