oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【動画】 チャンネル桜「日本国憲法無効論」大討論

[動画]
1/3【討論!】どうする日本国憲法!?連続大討論Part1[桜H24/4/21]
2/3【討論!】どうする日本国憲法!?連続大討論Part1[桜H24/4/21]
3/3【討論!】どうする日本国憲法!?連続大討論Part1[桜H24/4/21]

[参考]
南出喜久治著 『國體護持總論』(全六巻) :: 國體護持塾HP
http://kokutaigoji.com/books/menu_kokutaigojisouron.html
 (ネット公開版)

>憲法効力論 学説一覧表
http://kokutaigoji.com/books/zu/3/page001.htm


渡部昇一・南出喜久治/共著 日本国憲法無効宣言 改憲・護憲派の諸君! この事実を直視せよ渡部昇一・南出喜久治/共著 日本国憲法無効宣言 改憲・護憲派の諸君! この事実を直視せよ
(2007/04/19)
渡部 昇一; 南出 喜久治

商品詳細を見る



憲法論における真正の無効論とは、非常に短く要約するなら、正しい認識あればそれでよし、というだけの話であろうと思います。

【誤・否】 憲法を作る・創る → 【正・肯】 大日本帝國憲法が現存している
【誤・否】 自主憲法を作る・創る → 【正・肯】 大日本帝國憲法が現存している
【誤・否】 日本国憲法を無効にする・無効化する → 【正・肯】 日本国憲法は憲法として無効である

これら【誤・否】の指す内容とは、人間様・個人様・わたくし様・国民様・主権者様の思い上がりそのもの。

類例として、
【誤・否】 自然を保護する → 【正・肯】 自然に保護されているのは我々
【誤・否】 環境を保全する → 【正・肯】 環境に保全されているのは我々
【誤・否】 エネルギーの枯渇を心配する → 【正・肯】 宇宙はエネルギーで溢れている
【誤・否】 他人の気持ちを理解する → 【正・肯】 他人の気持ちを察したり想像するのが限界
【誤・否】 人を救う、人の命を救う → 【正・肯】 人に僅かな智恵や助力を貸す真似をするのが限界

このように、上掲の【誤・否】の内容とは、現在の教育、特に初等・中等教育でよく行われている教育内容であったり、またその指導の方向であったりします。すなわち、ほんのり、ふんわり、やんわりとながら、本能否定かつ理性信仰の方向を指しています。そのような教育を人格形成において枢要な時期に12年間も執拗なまでに継続して受けますと、感覚鋭敏・頭脳明晰・純朴素直で成績の優良な子ほど、思い上がった人間(=人間様・個人様・わたくし様・国民様・主権者様)になるのでありまして、これは至極当然の現象であります。ちなみに、小生のように学校をよくサボり、また授業中、教師の話をほとんど聞いていなかった子の場合、そうした方面の心配は相対的に少なくなります。

日本国憲法改正論(有効論)の主張とは、思い上がった人間(=人間様・個人様・わたくし様・国民様・主権者様)の自供、ないし自白そのものであります。日本国憲法改正論者(有効論者)に子を預けっぱなしにしていると、ほぼ間違いなく、思い上がった人間に成長します。学校の先生の大半が有効論者であるのは目下仕方がないとしても、両親までもが強力な有効論者となれば、もう、その子には学校・家庭の空間の中では、健全な精神の生息場所はありません。そして、成長するにつれ、彼ら、彼女らは、もともとが感覚鋭敏・頭脳明晰・純朴素直であるがゆえに、想像を絶する精神の苦しみを味わうことになるのです。日本国憲法有効論という宗教からの徹底的全面的解放が、その精神の苦しみを大きく緩和します。いままでのように、麻薬や心理的甘言で一過的な寛解、擬似的な和解を目指すのではありません。

  ◇       ◇       ◇

チャンネル桜の憲法討論に話を戻せば、以前のエントリでも書きましたが、いまや恒例化している「経済討論」と同様、「憲法討論」・「國憲討論」を月1回程度のペースで何度でも継続的に実行し、チャンネル桜の視聴者に対して、保守=護國=覚悟の程を問わねばなりません。「はいはい、南出氏出演の憲法討論は、もうやったから。以上。」で終わらせてはならないのであります。

たとえば、「教育討論」と「憲法討論」を合併して開催することも有意義でしょうし、「経済討論」と「憲法討論」を合併して開催することも有意義でしょう。経済との関連で申せば、小生の観るところ、日本国憲法(占領憲法)は紛れもなくショック・ドクトリンの一種であります。主たる理由は何にせよTPP推進に反対なら、日本国憲法を憲法として有効と捉えることにも、その真実を知れば知るほどいかがわしさを感じずにはおれないはずであります。

ちなみに、TPP参加を推進し、かつ日本国憲法を憲法として有効と捉える連中の筆頭が、産経新聞・朝日新聞等のマスメディア、中央省庁の官僚、東京大学系の文系教授などで、両者は見事に一致していますよね。小生はそこに、「法」ないし「國憲論」における反日と、「経済」ないし「経済論」における反日の、ものすごい符合を見るわけです。その反日のイデオロギーの名称を「共産主義」と言っても可、「新自由主義」と言っても可と観ています。

チャンネル桜を応援したい一視聴者としての希望を申せば、『田母神塾』と隔週交代で新番組『南出塾』がスタートするとか、『渡部昇一の「大道無門」』と隔週交代で新番組『南出喜久治の「國體護持」』がスタートするとか、『青山繁晴が答えて、答えて、答える!』と隔週交代で新番組『南出喜久治が答えて、答えて、答える!』がスタートするとか、そういう方向での番組編成をご検討くだされば幸甚であります。


[関連エントリ]
oyoyo Memo Blog 「国民主権」や「天皇主権」を信奉する人々
oyoyo Memo Blog 日本国憲法改正という、「保守派」における「シャバ人間主義」





スポンサーサイト

【尖閣購入と反日報道】 支那系反日思想にドップリ浸るNHK。



まず、尖閣諸島についての当たり前の事実。

尖閣諸島は日本の固有の領土であり、日本国の主権下にあります。東京都の尖閣諸島購入は、日本国内において完結する不動産取引であり、かつ当該不動産取引の当事者はすべて日本国民であり、支那が口を挟む余地は些かもありません。支那側の独断的な主張は、いかなる法理においても無効であります。

で、このNHKニュースの文面とその構成をみてください。



「中国ではネット上で抗議や反発」の項目が上に、対して、「石垣市長は容認する考え」の項目が下に来てるでしょ。しかも、「中国ではネット上で抗議や反発」の内容の分量に比べて、「石垣市長は容認する考え」の内容の分量はその半分未満ですよね。

また、石垣市の中山市長は「日本の領土・領海を守るうえで、個人所有よりは国や県、地方自治体などが所有・管理する方が得策」、「上陸調査なども行いやすくなる」云々と、今回のこの動きを「容認」というよりは「歓迎」していらっしゃるわけですよ。ね。にもかかわらず、NHKは「石垣市長は歓迎する考え」とはせず、「容認」というコトバを使って「石垣市長は容認する考え」としていますよね。まるで「【容認】せざるべしもの」を「遺憾ながら【容認】する」ようなニュアンスを醸し出したいかのようでしょ。NHKのキモいメンタリティ(=NHKの本質)が、こうした日々のニュースの文面の随所に表れていることを見逃してはなりません。



>東京都の石原知事は、ワシントンで、中国が領有権を主張している沖縄の尖閣諸島について、・・・・

人としての尋常な思想を持つ(=反日思想を持っていない)、ごく普通の人(=日本国民、ならびに日本国の友邦諸国民)であれば、「尖閣諸島」をニュース・ライクに短く形容するにしても、「中国が領有権を主張している沖縄の尖閣諸島」などとは言いません。「日本の領土である(沖縄の)尖閣諸島」と言います。「日本の領土である(沖縄の)尖閣諸島」、これが「普通」の言い方です。

共産支那をマンセーしているNHKの手にかかると、「尖閣諸島」を紹介するにも「中国が領有権を主張している沖縄の尖閣諸島」となるわけです。しかも、ニュースの第一行目で。反日思想を保有しているNHKにしてみれば、「日本の領土である(沖縄の)尖閣諸島」という事実よりも、「中国が領有権を主張している沖縄の尖閣諸島」ということのほうが意味が重いのでしょう。ニュースの第一行目からして、マァ、実にキモチワルい反日のメンタリティが早速滲出しているのであります。

>中国政府は公式な反応を示していませんが

「中国政府は公式な反応を示していません」と書いておきながら、そのすぐ後に「中国共産党の機関紙、人民日報系のネットサイト『環球網』は、・・・・・『中国側は必要な措置をとる』と伝えています」と書いて平気なのであります。

支那の支配府=支那共産党じゃないですか。独裁の支配勢力ではありませんか。その支那の独裁政党である支那共産党が「必要な措置をとる」と言ったわけでしょ。支那側は公式な反応を示しているではありませんか。それを「中国政府は公式な反応を示していません」などとウソをつく。

>中国のインターネット上では、これに抗議したり、反発したりする意見が相次いで書き込まれています。

あ、そう。だから、なに? といった感じであります。それから、「中国」などという国はありません。あるのは「支那」という地区ないし州、ないし部落であります。

>インターネット上では、「中国の領土を買うことは絶対にできない」と反発する声や「急いで航空母艦を造ったほうがいい」、「何もしなければ中国は国際社会の笑い者になる」として、中国政府は強い姿勢を示すべきだなどといった意見が相次いで書き込まれています。

インターネット上の支那側の声については複数を列挙して紹介するにもかかわらず、インターネット上の日本側の声については一つも紹介しない。NHKよ、オマエはいったいどこの国の放送局か!

>中国政府は、これまでのところ公式な反応を示していませんが先月、日本政府が尖閣諸島の4つの島などこれまで名称のなかった無人島に名前をつけて公表したときには強く抗議しており、今回、さらに反発を強めるものとみられます。

というような書き方をして、さも、「チューゴクを刺激するのはよくない」とか、そんなことをすると「チューゴクが反発を強めてしまいそうです・・・」という風な、日本や日本人の心配をするフリをして、実は日本人の思想に圧力をかけているのです。日本人に対して「チューゴクにおとなしく従え!」とのメッセージを発しているのです。

実にキモく、罪深いNHK。NHKのもつ、このキモさは、ストーカーや痴漢、買春魔、放火魔、通り魔などの犯罪者のそれと同質であると思われます。気をつけたいものです。


----------------

一応、以上でこのエントリは終わりだったんですけど・・・

共産支那(親分)の代弁者となったときのNHK(子分)は、その言動に熱が入るみたいです(笑)
上掲の記事だけでは言い足りないらしく、共産支那の主張をダメ押しするNHK。



どこまでもキモチワルい支那&NHK。

はい、何度でも何度でも申しましょう。

尖閣諸島は日本の固有の領土であり、日本国の主権下にあります。東京都の尖閣諸島購入は、日本国内において完結する不動産取引であり、かつ当該不動産取引の当事者はすべて日本国民であり、支那が口を挟む余地は些かもありません。支那側の独断的な主張は、いかなる法理においても無効であります。




有人潜水調査船「しんかい6500」改造!

JAMSTEC 独立行政法人海洋研究開発機構
プレスリリース > 有人潜水調査船「しんかい6500」の改造について
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20120327/
(2012年 3月27日)

その場でクルッと回れるようになったんですね(所要約2分)。


【おすすめ動画】
有人潜水調査船_しんかいの系譜 - YouTube
30分ほどの動画。22:00 すぎあたりからのお話は、真正の保守の哲学に符合します。




【日本国憲法エセ無効論】「破棄」→「自主憲法制定」 の爺さん【石原慎太郎】

「占領統治のため作られた憲法は無効、破棄し作り直しを」石原知事、陸自第1師団50年式典で訴え - MSN産経

多くの部隊が東日本大震災の被災地支援に就いた陸上自衛隊第1師団の創立50周年記念式典が8日、東京都内の練馬駐屯地であり、来賓の石原慎太郎都知事は祝辞で、危険地域でも自衛隊の武器使用が限定される現状などを批判した上で「敗戦後の占領統治のために作られた憲法が独立後もまだ続き、その拘束のなかで国を守る軍隊が自由に行動できない。こんなものは無効で破棄し、みんなで新しい憲法を即座に作ったらいい」と述べ、国全体で憲法について考え直すよう来場した人々に訴えた。(以下略)
(2012/04/08)



たとえば、五十嵐敬喜氏あたりが、あるいは 憲法.com 市民版憲法調査会 の「呼びかけ人」に御芳名を連ねていらっしゃる諸氏が、
「敗戦後の占領統治のために作られた憲法が独立後もまだ続いている。こんなものは無効で破棄し、みんなで新しい憲法を即座に作ったらいい」
と言った場合はこれに反対し・・・・・

石原慎太郎氏が、
「敗戦後の占領統治のために作られた憲法が独立後もまだ続いている。こんなものは無効で破棄し、みんなで新しい憲法を即座に作ったらいい」
と言った場合はこれを賞賛する・・・・・

これをダブル・スタンダートという。逆もまた然り。

まぁ、五十嵐党と石原党の二大政党が国政選挙で対決に出て、過半数の議席を獲得したほうの言い分が通るわけです。これを国民主権の行使という。国民様の国民主権の行使によって、めでたく「新憲法」が誕生するわけです。五十嵐憲法になるか石原憲法になるかはそのときの情勢次第、まぁ国民様のご気分次第ですな。ついでに、五十嵐式皇室典範になるか石原式皇室典範になるか、まぁ、これもそのときの情勢次第、国民様のご気分次第ですな。で、出来た「新憲法」が気に入らなければ、もっともらしい理由をつけて「破棄」をして「新新憲法」を作り、「新新憲法」が気に入らないとなれば、また「破棄」をして「新新新憲法」を作り、「新新新憲法」が気に入らないとなれば、また「破棄」をして「新新新新憲法」を作ればいいわけですな。

この石原慎太郎氏は衆議院議員を8期もおやりになり、参議院議員もなさっていたことがかつてあるわけです。ご自分が国会議員であられたとき、日本国憲法の憲法としての無効性を語り、かつ無効宣言に向けた具体的な行動を国会で起こしたことがあるでしょうか。それを今になって「憲法は無効、破棄したらいい」と言い出す。「新しい憲法を作ったらいい」と言う。

あるいはそうした批判が当たらないというのであれば、

一、「大日本帝國憲法は日本国の憲法として現存している」
二、「日本国憲法は日本国の憲法として無効である」

と、石原都知事お一人でもよいから都議会で宣言なさるべし。


関連エントリ:
oyoyo Memo Blog 石原慎太郎氏にみる、日本国憲法「エセ無効論」
oyoyo Memo Blog 「石原新党」の基本政策にみる、極左&反日のメンタリティ





 ♪♪
 Ken Shimura - English Lesson - YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=Ic53hhFllPM





政府・日銀、日本のデフレ脱却に勤しむ気はサラサラなし

日銀会合:金融政策を現状維持、全員一致 - Bloomberg
債券は続伸、株安で長期金利は1カ月ぶり低水準 - Bloomberg
円が値を戻す、日銀の政策据え置きで買い圧力 - Bloomberg
(日付はいずれも 2012/04/10)

野豚、白皮、安住淳(アン・ジュウジュン)。この方々に「金融・財政政策をしっかりしろ!」と言うのは、ワニに「腕立て伏せをやれ!」と言うのと同じで、そもそも生物構造的に(知脳的に)無理なのであります。

円高とデフレで日本国民をもっともっと苦しめたい♪ by 罪務省一同

財務官僚の言いなりに動いていれば次の総理大臣になれるのだ♪ホルホル by 安住淳(アン・ジュウジュン)



 | HOME |  次のページ »