oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【参院選 2013】 選挙結果のメモ。「朗報」あり「警報」あり。大江やすひろ氏の落選は残念。新風3候補者の合計得票数は約16万票。

選挙後の参議院の議席配分(新勢力)は、自民115、民主59、公明20、みんな18、共産11、維新9 など。

  平成25年(2013年)参議院議員選挙 政党別獲得議席数等の表
   画像は 朝日新聞デジタル:2013参院選挙 より拝借。

次に挙げるのは、此度の参院選比例代表選挙における政党別の
「政党得票数(政党得票率)、政党名での得票数」、そして獲得議席数。

■自民党 「18,460,404票(34.68%)、14,080,143票」 → 18議席
■公明党 「7,568,080票(14.22%)、3,333,142票」 → 7議席
■民主党 「7,134,215票(13.40%)、4,827,158票」 → 7議席
■維新の会 「6,355,299票(11.94%)、5,191,563票」 → 6議席
■日本共産党 「5,154,055票(9.68%)、4,647,765票」 → 5議席
■みんなの党 「4,755,160票(8.93%)、4,221,422票」 → 4議席
■社民党 「1,255,235票(2.36%)、938,227票」 → 1議席



■生活の党 「943,836票(1.77%)、723,987票」 → 0
■新党大地 「523,146票(0.98%)、398,848票」 → 0
■緑の党 「457,862票(0.86%)、242,460票」 → 0
■みどりの風 「430,673票(0.81%)、319,630票」 → 0
■幸福実現党 「191,643票(0.36%)、153,296票」 → 0


ご覧になってお判りの通り、改選議席数48の参議院議員比例代表選挙においては、政党得票数で概ね100万票以上、かつ政党得票率が2%以上でないと、その政党は議席を獲得することはできない。

まぁ、ひとつ注目すべきは、比例代表で議席を獲得できた政党のうち、他党と比較したときの公明党の「政党得票数」と「政党名での得票数」の比率である。すなわち、比例代表の投票用紙に「公明党」と書いて投票した人は計3,333,142人だが、同党の「政党得票数」はその2倍を大きく超えている。公明党の場合、参院選比例代表の投票用紙に候補者名を記入することを支援者・後援者らに周知徹底していることが窺える。

一方、投票率は、選挙区・比例代表とも52・61%だったとのこと。

【参院選】投票率は52・61%、過去3番目の低さ 総務省
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130722/elc13072211380127-n1.htm

 総務省は22日午前、第23回参院選の選挙区の投票率が52・61%だったと発表した。前回2010年の57・92%を5・31ポイント下回った。参院選としては1947年の第1回以降で3番目の低投票率。今回の比例代表の投票率も52・61%だった。
(中略)
 地方区という名称だった時期を含め参院選選挙区の最低の投票率は95年の44・52%。2番目が92年の50・72%。今回の投票率のうち都道府県別で最も高いのは島根の60・89%で、山形の60・76%、鳥取の58・88%が続いた。最も低いのは青森で46・25%。次いで岡山の48・88%、千葉の49・22%だった。前回比で投票率が上昇したのは、0・99ポイント伸びた沖縄のみ。選挙当日の有権者数は全国で1億415万2589人だった。

(2013.7.22 11:37 MSN産経)


投票率最低は青森 沖縄以外で低下 参院選 - 2013参院選
http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/news/TKY201307220142.html

 総務省は22日、21日に投開票された参院選の選挙区の投票率が52・61%だったと発表した。前回(2010年)の57・92%を5・31ポイント下回り、1995年の44・52%、92年の50・72%に次ぐ戦後3番目の低投票率だった。沖縄以外の46都道府県で前回より投票率が低下した。

 都道府県別で最も高かったのは島根の60・89%で、山形の60・76%、鳥取の58・88%と続いた。最も低かったのは青森の46・25%で、次いで岡山の48・88%、千葉の49・22%だった。

 期日前投票は前回より7・15%増の1294万9982人で、全体の有権者に占める割合は12・36%だった。参院選で期日前投票が導入された04年以降、増え続けている。

(2013年7月22日11時13分 朝日新聞デジタル)



      ◇        ◇        ◇

小生は、選挙区では自民の候補者に投票し、比例代表では大江やすひろ氏に投票した。

大江やすひろ氏に小生がなぜ一票を投じたのかの主な理由は、氏が日本の核武装に理解を示され、かつ親台湾派である数少ない候補者だからであり、また、氏の持つ「譲れない思想」が、保守思想の本道に親和性があり、かつそれに最も接近している比例代表候補者であると判断したからであった。加えて現実的なこととして、仮に当選される場合、自民党比例代表候補のなかでも、赤池まさあき氏や衛藤せいいち氏、佐藤まさひさ氏らよりも下位での当選が予想されたからである。

そして、左翼リベラル勢力が密かに警戒しつつ注目していたのが、実は、大江やすひろ氏の当落だったりする。自民党比例代表の最後の議席が大江やすひろ氏以外の候補者のものになる見通しがついて、夜が明けようかという時間帯にほっとした連中は少なくないはずである。

大江やすひろ氏の得票数は59,376票で、自民党比例代表候補のなかでは第21位となり、落選。同党比例代表の最下位(第18位)で当選した太田房江氏の得票数が77,173票であるから、あと20,000票あれば大江氏は当選できた。誠に残念であり、たかが一票を大江氏に投じたにすぎない小生としても、実に精神上の重大な痛恨の念が暫く続かざるを得ない。

自民党よ、聖子やワタミやフサエなど要らんのである。聖子はスケート教室でも開いてコーチをしていればいいのであり、ワタミは商売に没頭していればいいのであり、フサエはどこぞのテレビ局のB層向けワイドショーで粟おこしでもポリポリかじりながらレギュラーコメンテーターをやっておればいいのである。

大江やすひろ氏におかれましては、次なるチャレンジ、再々チャレンジのための御準備を、気持ちを新たにされたうえで早々に整えられ、近いうちに必ずや日本の国会議員として御活躍されることを祈願致します。

      ◇        ◇        ◇

此度の参院選で【祝!朗報!】があるとすれば...

1. 岡崎トミ子、接戦の末、落選!
2. 生活の党・山岡賢次、落選!
ぐらいか。。。

公安や司法当局によって重点的にマークされるべき人物が、よりによって国家公安委員会の長の座に就いたのは悪夢か冗談でしかなかった。しかしそれが現実であったことを我々日本国民は忘れてはならない。すなわち、気を許すと今後も何度でもそういうことが起こるということである。

そして【警報!】としては...

1. 斜民党、比例で1議席確保。安楽死に従わず延命を画策する斜民勢力の残滓。
2. 沖縄"戦局"において社共勢力の支持や推薦を得た糸数慶子なるバアさんが当選。
3. 日本の原発(核発電)を敵視する脱原発テロのB層向け広報担当兼ペット・山本太郎が当選。


まぁ、東京都民の民度は、かつて漫才師の横山ノックを知事に選んだ大阪府(大阪民国・ダイハンミンコク)民の民度とさほど変わらないということが、今回の参院選で証明された。大阪が「大阪民国(ダイハンミンコク)」なら、東京は「東京社会主義"脱原発"人民共和国」である。

沖縄"戦局"においては、自民の候補者が「沖縄社会大衆党」なる組織(初めて聞いたわ...)の「委員長」を名乗る糸数のバアさんに対して、得票数で30,000票余り、得票率の差およそ5%で落選したものの、これは地方の「1人区」にあっては惜敗と呼ぶべきであることからして、平均的民度においては、山本太郎を早早と「当確」にし、かつ当選させてしまった東京都民よりも、沖縄県民のほうが高いと言えるかもしれない。あるいは、少なくとも「保守の粘り・踏ん張り」において、東京都民は沖縄県民に負けているのではあるまいか。『前回比で投票率が上昇したのは、0・99ポイント伸びた沖縄のみ(前掲の「MSN産経」の記事)』という事実と合わせて考えられたし。

      ◇        ◇        ◇

最後に、「維新政党・新風」について。小生にできたことは、東京方面に住む知人らに「維新政党・新風」への応援をお願いすることだけでした。

< 参院選 2013 「維新政党・新風」の成績 >

東京選挙区(改選議席数5)
 鈴木信行氏、得票数77,465票(10位/20人中)、得票率1.37%
   *最下位当選者の得票率は10.86%

神奈川選挙区(改選議席数4) 
 溝口敏盛氏、得票数41,359票(9位/11人中)、得票率1.05%
   *最下位当選者の得票率は11.74%

千葉選挙区(改選議席数3)
 渡辺裕一氏、得票数39,147票(8位/9人中)、得票率1.64%
   *最下位当選者の得票率は16.27%

 3人の候補者の得票数の和は、およそ158,000票となる。



「維新政党・新風」は、国政選挙に出馬する毎に得票数を伸ばす政党であります。引き続き応援していきたいと思います。







このエントリに記載の各候補者・各政党の得票数・得票率の数字等は、朝日新聞デジタル:2013参院選挙、ならびに参議院選挙(参院選)2013 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)に掲載されているものを引用させていただきました。





スポンサーサイト

【Firefox 22.0 以降】 現在使用中の約30個の主なアドオン(拡張機能)一覧



長らく Firefox を 13 か 14 のままでアップデートを放置していたわけですが、このたび Firefox 22.0 をクリーン・インストールしました。バックアップから引き継いだのは「ブックマーク」と「ABP(Adblock Plus)フィルタ」の2件のみで、それ以外はプロファイルはもちろん、Firefox の痕跡を示すような空のフォルダも片っ端から全部削除。アドオンのインストとその設定も最初からやりました。

以下、とりあえずインストした約30個のアドオンのメモ。

今回は、【タブ関連】【省作業&快適ブラウジング系】【画像、スクリーンショット関連】【動画ダウンロード関連】【ページとコンテンツの表示制御】【検索関連】【言語、翻訳関連】【便利系&ちょこっとツール】【プライバシー、セキュリティ関連】【管理系】【開発系、CSS 関連】の順で計11分類としました。




【Firefox 22.0 以降】 現在使用中の約30個の主なアドオン(拡張機能)一覧 の続き » » »

【参院選】 比例代表選挙では「候補者名」を記入して投票しようと思う。

   第23回参議院議員通常選挙

比例代表選挙では「候補者名」または「政党名」を、選挙区選挙では「候補者名」を記載して投票してください。

第23回参議院議員通常選挙公式サイト http://2013senkyo.jp/
同サイト 投票方法について http://2013senkyo.jp/vote/ より。




総務省|第23回 参議院議員通常選挙 候補者・名簿届出政党等情報
http://www.soumu.go.jp/senkyo/23hce/

↑その表の真ん中あたりにある「名簿届出政党等名称等及び名簿登載者氏名一覧」をチェック!

平成二十五年七月二十一日執行 参議院比例代表選出議員選挙 参議院名簿届出政党等名称等及び参議院名簿登載者氏名一覧
(PDF, 約2MB)


総務省|選挙についての紹介 : 総務省(なるほど!選挙)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/

総務省|ニュース一覧<投票制度・選挙制度・その他>
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/

総務省|選挙関連資料
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/







まぁ、比例代表のほうは、

赤池まさあき (自民)
大江やすひろ (自民)
中山恭子 (維新)


この3人のうちの誰の名前を書くべきかと考え中。


それに対して・・・・、モンダイは選挙区や。。。

選挙区のほうはドコゾの茶坊主に投票せんとしゃぁーない。まぁ、ソイツにしても、他のヤツにしても、もうエエ歳したおっさんのくせに、政治思想・政治哲学についての知脳も見識もぜんぜん足らんのょ。えらそうな学歴やの役職やの肩書きやの、そんなんばっかりご立派なだけでね。まぁ、せやけど、選挙区はソイツ(a learned fool, an educated bore)の名前書いて投票したるしかない。あのな、ほんまゆーたらな、選挙区のほうは白票か落書きでも描いて投票したってもええくらいや。まぁ、とりあえずお調子モンにして茶坊主のオマエの名前、きっちり書いて投票したるさかい、せいぜい、ありがたく思えや。





 | HOME |