oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【都知事選2014】「田母神としお 61万0,865票 12.55%」は参議院東京選挙区なら当選確実である。

平成二十六年二月九日執行 東京都知事選挙 選挙結果&主なデータ

候補者名、候補者別の得票数、同得票率の順

 ますぞえ要一 211万2,979票 43.40%
 宇都宮けんじ 98万2,594票 20.18%
 細川護熙 95万6,063票 19.64%
 田母神としお 61万0,865票 12.55%


  家入かずま 8万8,936票 1.83%
  ドクター・中松 6万4,774票 1.33%
  マック赤坂 1万5,070票 0.31%
  鈴木たつお 1万2,684票 0.26%
    ・     ・    ・
    ・     ・    ・
    ・     ・    ・
    ・     ・    ・

 投票総数 493万0,098票
 有効投票数 486万9,098票
 (供託物没収点 486,909.800)


 選挙当日有権者数 1,068万5,343人
 投票者数 493万0,251人
 投票率 46.14%(前回投票率 62.60%)


以上、東京都選挙管理委員会HP に掲載の数値を転載。
但し、票数の小数点以下は切り捨て。
各候補者の得票率は小数点以下第五位で四捨五入して百分率で表示。



前回の参議院議員選挙・東京選挙区(改選議席数5)における最下位当選者の得票率は10.86%である。また同選挙・同選挙区では得票率12.49%の候補者が得票数第3位で当選していることから、12.55%の得票率があれば、改選議席数5の参議院議員選挙・東京選挙区では当選圏内と考えられる。現に、アノ山本太郎が11.83%の得票率で当選しているのである。(参考資料:朝日新聞デジタル:2013参院選挙、関連エントリ:oyoyo Memo Blog 【参院選 2013】 選挙結果のメモ。「朗報」あり「警報」あり。

今後であるが、此度の61万票という結果にかかわらず、これがたとえ31万票であったとしても、91万票であったとしても、161万票であったとしても、チャンネル桜、頑張れ日本!全国行動委員会においては、自分達の主張や考え方、活動報告の広報を、街宣等において地道に継続するしかないのではないかと考える。

「地道に」とともに「やさしく」が重要である。なぜなら、好むと好まざるとに関わらず、あるいは賛同か反対かに関わらず、弱者の一票も強者の一票も、年金生活者の一票も勤労所得者の一票も、フラフラした遊び人の一票も礼儀正しい働き者の一票も、現行の日本国内の一切の公職選挙制度においては、全く同じ価値を持っているからである。

弱者の一票など要らぬ! フラフラした遊び人の一票など要らんわ! それはキレイゴト。それこそキレイゴト。

地方における活動拠点の拡充もまた今後の課題である。参議院の選挙区ならば改選議席数5の東京に加えて、改選議席数4の神奈川と大阪。さらに地方議会における保守系議員に対する後方支援活動、ならびに保守系政治経済情報の供与活動。

此度の選挙は、創価・公明党や日本共産党と同規模の政治勢力を組織できる希望の光をもたらした選挙であったと思う。

    ◇        ◇        ◇

まぁ、創価マスゾエの任期満了前の辞任があるやもしれず、田母神陣営としては、やはり「地道」かつ「やさしい」広報活動の継続が肝要である。

帝都東京に大震災が襲来する前のマスゾエ都知事辞任を願う。マスゾエさん、貴方は早く辞めなさい。

それをなさらないのであれば、マスゾエさん、貴方にはひとつだけ、御自身の株を上げ、しかも比較的ラクな都知事人生を全うする方法があります。田母神閣下を副知事に指名するのです。そして都知事の持つ、防災・救難・生活・福祉・民生に係る一切の権限を事実上、田母神閣下に「丸投げ」するのです。






タイトルとは関係ないけど、エントリついでに追記。

「アンネの日記」破損事件。あれね、ヤラセを疑う。ヤラセっつーか、日本と白色ユダヤを対立させたい、あるいは「火のないところに煙」で相互の憎悪を煽りたい輩の仕業かと。「右傾化する一部の日本人」を無理にでもナチと重ね合わせて印象づけたがる勢力ですな。普通の日本人の仕業ではない。放送局でいえば「N」の一件をつい連想させられる。



スポンサーサイト

【メモ】 支那に経済なし

   ◇       ◇       ◇

経済とは経国済民である。よって、経済云々の前提には国がある。国あっての経済である。くれぐれも国であって、政府や党や部落や「国境なきワールド」ではない。

支那の経済が崩壊するとかしたとか言ってる痴呆者がいるが、そもそも国ではないクニモドキの支那に経済(=経国済民)などというものは存在せず、すなわち支那においては崩壊すべき経済など最初から無いのである。

経済が無いのであるからバブル経済も無く、いわゆるバブル崩壊も無い。

支那にあるのは経済モドキのバブル経済モドキのバブル崩壊モドキである。

「チューゴク経済」、そんなものは無い。


ついでながら、クニモドキの支那との間に外交はあっても国際関係は生じない。「国際」とは「国と国との間」であって、クニモドキとの間には国際関係は成立しないのである。

「国家主席」などというモノも、正しくは「クニモドキの主席」である。


反日メディアと支那共産党にだまされるなよ。目覚めよ日本人。



 | HOME |