oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【メモ】 「自由主義の国」「共産主義の国」

【ノーベル物理学賞】1年半、社内で口きかず研究 中村氏「とにかく負けず嫌い」

http://www.sankei.com/life/news/141007/lif1410070053-n1.html

ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏(60)は意志が強く、「戦う男」のイメージで有名だ。「子供の頃から、とにかく負けず嫌いだった」。きょうだいは姉と兄、弟。「男3人で、いつも食べ物の取り合いでけんかをしていたから、こういう性格になった」と笑う。

徳島大の大学院修士課程を修了後、入社した日亜化学工業では「会社の指示で研究に取り組み開発した製品が売れず、白い目で見られ続けた」と振り返る。だがここで、負けず嫌いの本領を発揮した。
(中略)
「この仕事をしたら、会社を辞めてやる」。そんな気持ちで最後に取り組んだのが青色LEDの研究だった。1年半も社内の誰とも口をきかず、研究に没頭。平成5年、当時は不可能とさえいわれた青色LEDの実用化に成功した。世界初の偉業は米国の学会で脚光を浴びる。そこで知ったのが、日米の研究者の待遇の差だった。10を超える米国の大学・企業から誘いを受け、12年に渡米。研究環境が自由で「共産主義の国から、自由主義の国に引っ越した感じだった」。

一方、日亜化学とは青色LEDの特許権や研究成果の対価をめぐって訴訟合戦に。日亜側に200億円の支払いを命じた判決が話題になり、一時は“200億円男”とも呼ばれた。だが控訴審で約8億4千万円に減額され、和解が成立。「日本の司法は腐っている」と吐き捨てた。
(以下略)

(産経ニュース 2014.10.7 21:45)



>「共産主義の国から、自由主義の国に引っ越した感じだった」

そうかもしれない。しかし、本当に「共産主義の国」であれば、研究者自身の意向にまかせた自由な学術研究など絶対にさせないのが基本であろうし、また一方、「自由主義の国」=「能力主義・成果主義の国」と解釈するならば、果たしてそのような「国」で、1年半も、あるいはそれ以前の期間も含めれば数年間以上も、企業や研究所にほとんど何の収益も成果ももたらしていない(=カネを喰うだけの)研究者を雇用し続けることに、その企業や研究所の経営者や株主、他の従業員、取引のある金融機関、経営コンサルタント、経営アドバイザーが了解するだろうか。

中村修二 - Wikipedia によると、

>大学院修了後、日亜化学工業に就職し、開発課に配属される。現場の職人からガラスの曲げ方などを習い、自らの手で実験装置などの改造を行った。これらの経験が、CVD装置の改良に生かされ、後の発明に繋がる。

>1年間の留学後、日亜化学工業に戻り、2億円ほどするMOCVD装置の改造に取り掛かる。会社命令を無視、会議にも出席しない、電話に出ない、と、通常のサラリーマンとしては失格と言われても仕方のない勤務態度だったが、度量の広い創業者社長のおかげで破格の研究費の下で実験を続けた。


とある。

共産主義でもなく、自由主義でもない、日本の社会の、組織運営にあたっての、日本流、日本式、日本のやり方、そうした自生的な秩序と自律的な合意のある環境がそもそも既にあって、その環境に英知をもった人が生まれ、その環境の中で英知をもった人が育まれたればこそ、その人の英知や努力が芽吹き、ちょっとやそっとの嵐や暴風雨では倒れないための自立の根をその環境に張り、その枝葉を発育させ、やがて実が成るのではないだろうか。

そうならば、「日本の社会の、組織運営にあたっての、日本流、日本式、日本のやり方、そうした自生的な秩序と自律的な合意のある環境」を変更しようとする動きに対しては、その名が何であれ、その看板やプラカードに何主義と書かれていようとも、我々日本国民自身による警戒と監視と防衛、そして必要とあらば迎撃や事前防衛措置も欠かせないと考える。





スポンサーサイト

小渕優子は辞任へ。議員辞職もすべきでしょう。思想が顔に現れている松島みどり(元・朝日新聞社記者)、オマエもな。

小渕経産相を刑事告発へ 群馬の市民団体、政治資金規正法や公選法違反罪で
http://www.sankei.com/politics/news/141019/plt1410190019-n1.html
(産経ニュース 2014.10.19 16:20)

小渕経産相、消えた収入 着服?裏金化? 刑事事件に発展も
http://www.sankei.com/politics/news/141019/plt1410190023-n1.html
(産経ニュース 2014.10.19 19:42)



これを機に、安倍総理大臣は「女性!」「女性!」「女性!」「女性!」などと言わないほうが良い。これは警告である。

「男女共同参画社会」などと殊更のように叫ぶ必要も無い。日本は古来、男たちと女たちが互いに智恵と力を出し合って生きてきたし、いまもそうだ。であるにもかかわらず、殊更に「男女共同参画社会」「男女雇用機会均等」「女性が輝く社会」などと叫ぶのは、そこに別のアヤシイ意図があるからであろう。


与謝野晶子に学ぶ―幸福になる女性とジェンダーの拒絶与謝野晶子に学ぶ―幸福になる女性とジェンダーの拒絶
(2005/03)
中川 八洋

商品詳細を見る

 ↑
余談だけど、この本の出版社(グラフ社)、何年か前に倒れたんだってね。その後どーなっているのかはよくわからない。良書の一冊と思う故、再版か新書化を望む。この本の古書価格、やや高止まりの感。まぁ、その値で買う人が居るから、その売り値が付くわけだ。


「ストール」の松島法相は「スカーフ」と反論 「マフラーはだめですよね」
http://www.sankei.com/politics/news/141002/plt1410020025-n1.html
(産経ニュース 2014.10.2 18:37)

松島法相、今度は“うちわ配布問題” 「法律を自分に都合良く解釈するな!」蓮舫氏が追及 参院予算委
http://www.sankei.com/politics/news/141007/plt1410070024-n1.html
(産経ニュース 2014.10.7 11:26)

うちわ2万1980本発注 松島法相
http://www.sankei.com/politics/news/141016/plt1410160028-n1.html
(産経ニュース 2014.10.16 17:37)



とりあえず、蓮舫、オマエが言うな。いくら正しい事柄や正論であっても、オマエみたいなのが言うと、単なる政治パフォーマンスにしか見えないのである。ってことぐらい、もうそろそろ、自分自身で、判れ(笑)

しかしまぁ、60歳近くにもなって、オバサンのカテゴリから既にバアサンの領域にドップリと全身が漬かっているクセに、60年に亘る思想の発育不良というべきか、思想が「劣」「愚」「汚」の松島みどりである。前にも書いたが、思想は顔に現れる。元・朝日新聞社記者だというのだから、なんともわかりやすい(笑)

スカーフかストールか、そんなことはどっちでもいい。派手な衣装で修飾したところで、そのアヤシイ顔ツキに表れている思想の「劣」「愚」「汚」を撹乱させたり、ごまかすことは出来ないのである。スカーフやストールにチャフやデコイとしての機能は無い。下朝鮮人が美容形成したところで、そのメンタリティまでは変えられないのと同様である。


その松島のバアサンの「うちわ」問題であるが、本人曰く、「討議資料として配った。有価物に値するとは考えていない。うちわのように見えるかもしれない」云々と。だか、小生の観るところ、これは「有価物」に値する。単に「討議資料」であれば、本件においてはB5のビラで十分であるし、うちわの面積にしたためることが可能な内容ないし分量の「討議資料」であれば、はがきサイズか、その半分のサイズの紙切れであっても十分にその用を果たし得る。そうしたビラや紙切れではなく、うちわに印刷して配布したのは、たとえば「紙切れだとすぐに捨てられてしまうおそれがあるが、うちわならすぐに捨てられる可能性を低減できる」と考え付いたからではないのか。うちわには単なるビラや紙切れにはない付加価値ないし用途価値がある。すなわち、「うちわ」-「紙切れまたはビラ」=「うちわの付加価値ないし用途価値」である。この「付加価値ないし用途価値」が少しでもあれば、当該物件は「有価物」と見做し得る。

件の「うちわ」の画像をこのエントリにアップしようと思ったのであるが、まぁ、やめた。
plt1410160028-p1.jpg (JPEG 画像, 460x600 px)


「カネ問題で辞職した人」「男女問題で辞職した人」というのはこれまでにも多くの前例があるが、「うちわで辞職した人」というのはあまり聞かないので、その第一号になってほしい。

まぁ、どっちに転がっても、このバアサンにとっては「うちわ」が一生のトラウマとなるであろう。自らが配った「うちわ」が方々で煽られ、発生した風が、まわりまわって台風となって自らの身に帰ってきただけの話なのかもしれない。





 | HOME |