oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

嗚呼、「朝日新聞は左だけどNHKは中立♪」などと思っている日本国民

いきなりだが、

犯された後で騙されていたことに気付いても遅いのである。

犯される前に騙されていることに気付かなければならない。



しかしまぁ、いよいよというか、支那・ちょん・ロシアがウザイな。否、何にも増してNHKがウザイ。

支那・ちょん・ロシア、それら強盗強姦民族にして反日勢力の下部機関の一つであるNHK。

日本の公共放送ならば、「みなさまの受信料」で親日勢力の主張を放送すべきところ、選りに選ったうえで、反日勢力の主張を放送しているのがNHKである。「反日勢力の主張」の放送が困難な場合は、「可能な限り、反日寄りの主張」の放送となる。

通常、テレビ番組の最後には、誰がその番組を作ったか、すなわち、その番組の制作スタッフの氏名が放送される。ところが、ニュースの場合にはそれが無い。たとえば、ある日の「正午のニュース」、「7時のニュース」で放送されるニュースの順序(トップニュースをどれにするか等)は一体誰が決めたのか、放送するニュースと放送しないニュースの選別は一体誰が行ったのか、個々のニュースの時間配分は誰が決めたのか、ニュースの原稿は誰が書き、取材映像の編集は誰が行い、誰が最終的に「よし、これでいく!」と決定したのか、すべて秘匿されている。

ゆえに、

ニュースの順序は、通名を使って日本国民になりすましている在日チョンが決めたのではないのか?

放送するニュースと放送しないニュースの選別は、日本国民のニュースに対する必要よりも在日朝鮮人・支那・特亜・外国への「配慮」で決めたのではないのか?

取材映像の編集は、実は「反天皇」や「日本人を殺せ!」などの反日思想を保有する汚劣な部落出身者や不浄の特定アジア近親者がやっているのではないのか?

NHKのニュースを時折見聞きしていると、NHKが日本国民からそうした疑いを持たれているとしても、文句は言えないだろうと思う。



かつて「ヤバイ!韓国経済」とか何とかいうタイトルの本があったが、NHKや不治テレビや日狂素のおかげで劣化した日本国民のほうが「韓国経済」よりもヤバイ!という危機感を持たなければならない。

個人レベルでの「老化」は仕方がないとしても、国民全体レベルでの「劣化」は非常にヤバイ。

「朝日新聞は左だけどNHKは中立♪」などと思っている日本国民が多いのは劣化の一例である。この日本国民全体の劣化ないし麻痺した知脳の情況は、反日反米の極左二紙が存在するおかげで朝日新聞がウヨクに見えるという沖縄の事情と、多少の規模は違えど図式は相似である。

日本の世論は反日勢力の制御下にある。

しかし世論はNHKだけで構成できるものではない。

そもそも国ではないクニモドキの支那を「チューゴク」などと呼称していれば、その個人、団体は怪しいと観なければならない。憲法ではない講和条約を「憲法= the Constitution」と称し、講和条約を「平和条約」などと称していれば、それだけで怪しいと見做してよい。「息をするようにウソをつく」とはこのことだからであり、「ウソつきは泥棒の始まり」だからである。

ちなみに「平和条約」などという公式の用語はない。「講和条約」が正しい。ではなぜ「講和条約」という正しい表現をせず、「平和条約」と表現したがるのか。アホやブサヨやウッスラ保守はともかくとして、反日極左は、「講和条約」と言ってしまうとその締結の根拠である講和大権の概念が出てきてしまうことを知っているからである。講和大権の規定は大日本帝國憲法にある。すなわち、大日本帝國憲法の効力論議を回避できなくなるおそれが出てきてしまうからである。ということを知っているからである。講和大権なくして講和の締結はあり得ない。

まぁ、この憲法効力論一つをとって見ても、ウッスラ保守や自称保守は反日極左に知脳の発育において負けている。場外不戦敗(戦場区域外において戦わずして負けている)の状態、これが現実であり、「劣化」のヤバさの核心部の様相である。



ラジオ関西のニュースやニュース解説も酷いと思うよ。どーも「反原発」「脱原発」の思潮を広げたいらしい。

小生はNHKやラジオ関西と「基本的価値を共有する」ことはできないようだ。




スポンサーサイト

 | HOME |