oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【本】 『新版 朝鮮カルタ 韓国ことわざ100選』

「朝鮮かるた」と聞くと、こういうのを連想するんです。けれども...

マジでムカつく在日ヤクザ 優しい新聞 本名載せず
訳が分からぬ特亜の主張 ん? 今日はお前は呼んでない
 画像は こんさん(Seesaa)こんさん(FC2) のブログより拝借。

 『新版 朝鮮カルタ 韓国ことわざ100選』  画像は Amazon.co.jp に掲載のものをキャプチャ。

新版 朝鮮カルタ 牛辺さとし (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/479260530X/
出版社: 青林堂 (2015/9/19)
ISBN-13: 978-4792605308
発売日: 2015/9/19

商品の説明 内容紹介

新版 朝鮮カルタ 韓国ことわざ100選
カルタ風イラスト&コラムで知る 朝鮮民族の実態!!
常識を超えた国には、常識を超えたことわざがあった!

韓国のことわざはこんなに酷かった
(例)
・乞食同志が袋を引き裂く
・死んだ息子の○○○にさわる
・女は三日殴らないとキツネになる
・嘘もうまくつけば稲田千坪にもまさる
・悪口は祝福の言葉
・自分の食えない飯なら灰でも入れてやる

本書紹介韓国ことわざの出典元
『朝鮮の俚諺集』高橋亨、日韓書房、1914年
『韓国俚諺集』相場清、日韓親和会発行、1971年
『対訳注解韓国ことわざ選』若松實、高麗書林、1975年

著者からのコメント
ことわざを知る事は、その民族を知る事になる。
ことわざは遠い昔から民衆の間で言い交わされ、伝承されてきたもので、その民族的性質をより濃く表現されるものである。 思えば昨今の「反日」「嫌韓」で日韓関係は悪化の一途を辿っている。
だが我々日本人は本当に韓国や北朝鮮の人の性質を、理解出来ているのであろうか?
「馬糞を知らずに、馬の医者になる」という朝鮮のことわざがある。馬を知らない医者が病気の馬を診察しても良くなるわけがないように、その民族の精神や特性を知る事が、今の我々や日韓関係には大切なことではないだろうか?
お互いを知る事から、真の友好が始まる。
朝鮮のことわざをカルタ風のイラストと共に楽しく学んで頂き、お互いの理解が少しでも深まれば嬉しく思う。
最後になるが、本書が日韓友好の一助となる事を切に願うものである。
(本書「はじめに」より)

出版社からのコメント
ご注意
本書で用いられている用語や表現の中に、現在の日本では差別的表現とされる可能性のあるものが一部含まれていますが、作者及び出版社に差別の意図はまったくありません。
ことわざが生まれた当時の時代背景を鑑み、また朝鮮民族の文化を尊重するため、あえて言い換えなどをせず、そのままにしてあります。
本書は「お互いを知ることから真の日韓友好が始まる」という信念に基づいて執筆されており、私たちがこれを出版いたしますのは、この作品の根底に流れる「日韓友好」「差別反対」などのテーマをより広く社会に訴えることに意義があると考えたからです。
読者のみなさまにもこの問題に対する理解をより深めていただければと考えています。
株式会社 青林堂

 以上、Amazon.co.jp より転載。



タイトルに『新版』『ことわざ100選』とあるので、この本に掲載されているかるたの内容は、ネットでは有名な上掲のかるた画像とは異なるものかと思う。いろはかるたで「清音・濁音の別」や「ダブリ」を認めないならば、100の半分ほどしかできないからである。

著者曰く「本書が日韓友好の一助となる事を切に願う」とのことだが、小生は、この書が日韓断交の一助となり、かつ、それに伴って、特亜衰亡の一助となることを願う。

初版第一刷・第二刷で10万部くらいいくんでないかな。セブンやファミマの各店においても、レジの横に見本を一冊置けば、日に一冊や二冊は売れるんではないかと思われる。実際に客に販売する本は、ホコリやヨゴレやキズが付かないように袋に入れてカウンターの奥に保管しておくのである。

公務員・地方議員から知事・国会議員に到るまで、政治家も全員、この本を買って読むのが良いかもしれない。マスゾエさんも。火病発症するかもしれんけど。






「本」といえば、二週間ほど前、とあるブックオフの「108円~200円コーナー」で、とんでもない本を見つけました。一応、以前から小生の脳内では「購入予定図書リスト(とりあえず和書で千数百種あり)」に入っていた本ですが、その本の購入優先順位はさほど高くはなく、中の下くらいのところでした。いや、そもそも価格が少々高いと見ていました。ある古本・古書を「その値で買う」という行為は、その古本・古書の相場形成に直接に参加するということです。考えてみればものすごい権力の行使です。ですから、下手に高い値で買われる行為は、下手に安値で売られる行為と同様、古本・古書の売り手・買い手の双方にとって迷惑な話になるのです。

で、その本を思いがけず「108円~200円コーナー」で見つけてしまい、状態も経年相応で先ず先ずだったので、ほかに数冊の本とCDと合わせ、買いました。いまから三十数年前に出版された本。その内容が凡そ想像していたことを超えていた! おそるべきことが書いてある。それがきっかけで、アマゾンでそれに関連する古本(「購入予定図書リスト」には入ってなかった本)を買ったり、図書館へ行って関連する本を閲覧し、ついでに五十年近く前の関連する地方紙の記事を閲覧し、本の一部は貸し出しをしてもらって、いま、手元にあります。アマゾンで注文した古本も到着しました。

というわけで、ここ数週間に関しては、小生の自由時間の過半は、それらの読書が占め、そこから得た知識といままで持っている知識とが脳のなかで「混在」し、それらの幾つかは融合し、幾つかは分離され、そのような作業に費やされ続けているのです。ブログなど書いている場合ではありません。そうした読書と並行しながら、それらとは直接の関係のない、長浜浩明著『国民のための日本建国史』を2回読みました。長浜説が正しいと小生は考えています。

「長浜説を採れば、現行の年数の数え方でいくと、今年は
神武天皇御即位から、2085年、いや、2086年になるのか。ということは、現行年のカウントでいくと、あと14年ほどで日本は22世紀か。」などと思考。

一冊の本との出遭いというのはまことに畏ろしいものであります。ただし、世の中に出回っている本のうち、99.9パーセントくらいの本はクズであり、それらの実際的価値はトイレットペーパー未満であり、それどころか、あなたの時間と信頼を盗む泥棒であります。

ブログなど書いている場合ではないのですが、いま何かエントリしないと大きな広告が表示されるのです。まぁ、今回もブログを更新する主たる動機は「広告対策」です。




スポンサーサイト

 | HOME |