oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

日本、再び合州国財務証券(いわゆる米国債)の最大債権者になる

アメリカ財務省 US Department of the Treasury

何年ぶりでしょうか。日本、再び合州国財務証券(いわゆる米国債、アメリカ国債)の最大債権者になる!
というか、支那(China, Mainland)が合州国財務証券の残高(もちろんUSドルベース)を増やすことができていないのです。
なお、台湾や香港は、支那(China, Mainland)には所属しません。

ページの階層構造が少々深いのですが、
U.S. Department of the Treasury(合州国財務省ホームページ)
https://www.treasury.gov/Pages/default.aspx

Resource Center
https://www.treasury.gov/resource-center/Pages/default.aspx

Data and Chart Center
https://www.treasury.gov/resource-center/data-chart-center/Pages/index.aspx

Treasury International Capital (TIC) System
https://www.treasury.gov/resource-center/data-chart-center/tic/Pages/index.aspx

Securities (B): Portfolio Holdings of U.S. and Foreign Securities
https://www.treasury.gov/resource-center/data-chart-center/tic/Pages/ticsec2.aspx
↑このページの
Major Foreign Holders of U.S. Treasury Securities
もしくは
Recent data for many holders of Treasury securities
で見ることができます。


見るたびに思うのです。とりあえず、日本は日本であって、アジアの一部ではないので(ココ重要!)、日本を "Asia" にではなく、せめて、Australia や New Zealand と同様に "Other Countries" に分類してもらいたい。良好なる日米関係を希望します。

日本は、外人(Others)に依存せず、外需に頼ったり外需にもたれかかったりせず、内需優先の思想・思考に基づいた大々的な財政出動をもって、リニア新幹線の整備・延伸、在来線の高架・高速化、核力(原子力)発電による電力の供給の増大、防衛装備の増強・国産化等を現に実行するのです。それらができない政治家や官僚は日本には必要ありません。




スポンサーサイト

 | HOME |