oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細菌の本能と抗生物質について。

  Enterococcus_02  Enterococcus_01
   画像は Wikimedia Commons より拝借。腸球菌(腸に生息する常在菌)の画像。
   コイツらがいわゆる「多剤耐性菌」であるのかどうか、小生は知りません。

海外に半年以上滞在した人、半数が多剤耐性菌に感染
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150508-OYTEW50321/

海外に半年以上滞在した日本人の約半数が、複数の抗生物質が効かない多剤耐性菌の「ESBL産生大腸菌」に感染していたことが、東京医大などの研究チームの調査で分かった。

研究チームは、海外赴任がある企業の協力を得て、2012年9月から15年3月までの間、20~50歳代の男女45人について渡航前と帰国後のふん便を調査。その結果、22人からESBL産生大腸菌を検出。渡航先別では、サハラ以南のアフリカが最多の7人、東南アジア6人、南アジア5人、中東・北アフリカ4人。欧米の赴任者7人からは検出されなかった。

多剤耐性菌は、過剰や過少な抗生物質の使用などにより変異した細菌。複数の抗生物質を分解する能力がある。健康な人が感染してもすぐに発病するわけではなく、今回感染が確認された22人も無症状だった。ただ、抵抗力が弱い入院患者らの場合は、重症化につながる恐れがある。研究チームの水野泰孝・東京医大感染症科准教授は「ESBL産生大腸菌に感染する可能性が高い地域からの帰国者が入院した場合、医療機関は感染の確認が済むまで、他の患者と部屋を分けるなどの対応が必要」と警戒を呼びかけている。

(yomiDr. / ヨミドクター 読売新聞 2015年5月8日)


抗生物質効かない細菌 新生児など感染し死亡例も

生まれたばかりの赤ちゃんや就学前の幼児など子ども60人以上が、過去3年間に、「ESBL産生大腸菌」と呼ばれる、複数の抗生物質が効かない細菌に感染して命に危険が及ぶような重い症状になり、確認されただけで2人が死亡していたことが、専門の医師で作る学会の調査で明らかになりました。幼い子どもの間でESBLによる全国的な健康被害の実態が明らかになったのは初めてで、
(中略)
抗生物質が効きにくい耐性菌は欧米の医療現場でも深刻な問題となっていて、今月開かれる伊勢志摩サミットでも議題となる予定です。これを前に、国も耐性菌をテーマにした初の行動計画をまとめていて、耐性菌を生み出す原因とされる抗生物質の不必要な使用について継続的に監視することなどを明記し、2020年には抗生物質の使用量を2013年の3分の2に減らすとしています。

(NHKニュース 5月11日 19時23分)




細菌はどこにでもいます。細菌の全くいない場所を探すほうが困難でしょう。コップを持って川に行って「多剤耐性菌」を採らないようにすることのほうが難しい注文かもしれません。そして、細菌にも細菌それぞれの本能がありますから、抗生物質のある環境であろうと、抗生物質のない環境であろうと、細菌全体として、環境適応能力を獲得し続け、生残性を保持し続けるでしょう。それが本能です。細菌は、抗生物質がないからといって、その環境適応能力や生残性を放棄することはなく、交戦権を否認するなどという本能の放棄(「理知」や「ニセ憲法」による本能の隠蔽ないし抑圧)はしないのです。

人であれば、敵がいてもいなくても、刀や剣の手入れを怠らず、来る日も来る日も練習を続け、かつ、極わずかずつでも、さらなる生残性の向上、敵への対処能力や運用能力の質の向上と量の確保を続けるのが本能です。何が敵になるのか、見通しがつかない環境下にあっても、なんとか生き残ろう、あるいは、少しでも味方が(特に若い女と子どもを)生き残るようにしようとするのが本能です。


ある人がある細菌感染症で死んだり重症化するのは、その人の体が細菌とまともに戦うからであると、小生は考えています。本能と本能のほぼ全面におけるぶつかり合いです。本能と本能のぶつかり合いですから、基本、容赦のない世界です。しかしながら、それを別な面から観れば、「まともに戦うのはバカよ」ということになります。抗生物質は、これら二つの本能に対処するもう一つの本能をもって現れ、細菌の本能と人体の本能の双方に、多正面作戦(少なくとも2正面作戦)をさせることによって、一対一のまともな戦いをさせず、ぶつかり合いを多少でも緩和させる作用を持つ物質のことではないかと、小生は考えています。

この考え方ならば、たとえ細菌感染症でなくても、人体の免疫システムの暴走によって不具合や不自由が生じる疾患であれば、抗生物質の介在はその症状の緩和や病状進行の妨げに有効である、もっといえば、症状の緩和に有効で、不快な副作用がないのであれば、抗生物質の長期(数か月あるいは数年)の投与もかまわない、ということになるかもしれません。


ある人が、ある細菌感染症になったものの抗生物質の恩恵を受け、結果、死ななかったり、後遺症がより軽度で済んだのは、抗生物質のおかげで細菌が死滅したからではなく、抗生物質のおかげでその人の体が細菌とまともに戦わずに済んだから(済んでいるから)だと考えます。だからといって、その人の本能を抑えたわけではなく、むしろ本能を有効に、効率よく働かせることができた(できている)と考えます。ゆえに、抗生物質の使用量や新規の抗生物質の研究開発のピッチを抑制すればするほど、細菌感染症その他の疾患で死ぬ人の割合も、細菌感染症の後遺症として不具合や不自由を持つ人の割合も、増えると小生は観ています。

しかしながら、ここに述べたこうした考え方は、おそらく、現在の医学や薬理学の先生方の「常識的な脳」からすれば、「聞いたことも無い!」「非常識!」ということになると思います。

なお、人工培地の上で、ある細菌とある抗生物質を競争させて「細菌が死滅した」あるいは「細菌の数が減っていない」という現象と、現に生きている人の体の中で、その細菌とその抗生物質を伴って生起している現象とを、重ね合わせて相同視する思想・思考には、そもそも賛同できません。


>耐性菌を生み出す原因とされる抗生物質の不必要な使用について継続的に監視

「不必要な使用」をあれやこれやと発見・指摘することよりも、『必要であるにもかかわらず使わなかった』ことを発見・指摘することのほうが実に困難なのが医療における経済の特徴の一つです。


>2020年には抗生物質の使用量を2013年の3分の2に減らすとしています。

財務省と厚生労働省とNHKの職員だけで減らしてみてください、2020年と言わず、来月からでも。





スポンサーサイト

【医療幻想】 デング熱騒動について。

【デング熱】感染場所は不明、新たに1人確認 感染者151人に
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140930/bdy14093015200004-n1.htm

厚生労働省は30日、東京都の20代男性が新たにデング熱と確認されたと発表した。東京・代々木公園や、これまで感染場所として疑われる場所には行っておらず、感染場所は不明。症状は安定しているという。

デング熱に国内感染したのは、17都道府県で151人となった。

(MSN産経 2014.9.30 15:20)


【デング熱】新たに都内の女性感染 患者143人に 新宿御苑からまたウイルス
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140925/bdy14092517270002-n1.htm

厚生労働省は25日、代々木公園を訪れた東京都の40代女性がデング熱と確認されたと発表した。デング熱に国内感染したとみられるのは17都道府県で143人となった。

都によると、女性は8月12日に発熱などの症状が出て19日に医療機関を受診。代々木公園を毎日訪れていたことや症状などから、後日、デング熱の感染を疑い医療機関に残されていた検体を検査したところ、感染が分かったという。

また、環境省は25日、新宿御苑の7カ所で採集した蚊からデングウイルスが検出されたと発表した。検出されるのは2度目。新宿御苑で蚊に刺されて感染した人は報告されていないが、環境省は当面、閉園を続ける。(以下略)

(MSN産経 2014.9.25 17:27)



これまでは「夏風邪ですね。しばらく安静にして様子をみてみますか」で片付けられていたものである。
 ↓
ところが、この夏のある日、ある患者が「夏風邪」のような症状を抱えつつ、悩みつつ、受診。
 ↓
ところが、その患者を診察した医者はアホではなかった。圧倒的大多数の医者のようなボンクラではなく、デング熱を知っており、患者の症状や自身の直観からデング熱を疑診。
 ↓
検査実施。
 ↓
正解! デング熱でした。
 ↓
デング熱の患者が発生したことがアホ医者やボンクラ医者の知るところとなるに至り、
 ↓
これまで「夏風邪ですね。しばらく安静にして様子をみてみますか」としていたトコロを、「夏風邪かもしれませんが、デング熱の疑いもあるので、検査してみましょう」と修正することと相成り、
 ↓
デング熱の患者が次々と見つかった!

というお話。

もちろん私見ですょ。

まぁ、現実の医療のレベルはそんなものです。いや、もっと酷いというべきかもしれない。テレビドラマやアニメが描くような格好のいい名医はいないと言っていいでしょう。

「医療幻想」は「中国(支那)幻想」「アメリカ幻想」に比喩できる。全治五十年といったところか。医者も患者も思想がリベラルすぎなんだよ。


◎大学受験を含む進路を考えている人へ◎

世間のライバルが「資格取得だ!」「国家資格だ!」「少子高齢化社会だから!」などと言って、「医療だ!」「福祉だ!」「医学部だ!」「介護福祉学科だ!」と必死になってワクテカになってそれらの分野を目指しているのなら、今こそ、あなたは「原子力(原子動力・核動力)」「核エネルギー工学」の学科を持つ大学の工学部を目指すべきなのです。「材料」・「材料工学」、「土木工学」もオススメ。




新型インフルエンザ 支那に対してこそ、調査が必要!

マーガレット・チャン (Nargaret_Chan_02)
*画像は Daylife より拝借

WHOの現在の事務局長は、この支那人のオバサン。マーガレット・チャンさん。医学博士だそうです。

漢字で書くと、陳馮富珍。
まぁ、どのへんがマーガレットで、どのへんがチャンなのかはよく判りませんが、Wikipedia によると、

陳馮富珍 - Wikipedia

1977年に医学博士号を取得。シンガポール国立大学において公共衛生修士号も取得している。1978年に医師(婦人と小児健康科)として香港政府に勤務。・・・・・・・。

香港では彼女に対する評価に賛否がある。SARSに関する彼女の認識が甘く、SARS感染が深刻化した沙田の公立プリンスウェールズ病院(威爾斯親王醫院、香港中文大学医学院の連携訓練病院)の封鎖などの対策が遅れたとの批判がある。そのため、衛生署長退任後の2003年秋、香港立法会は彼女を喚問している。

しかしながら、SARSの情報を早期に提供しなかった、広東省や中央政府の衛生部にも責任がある。これは鳥インフルエンザの発生時にも同様の問題があった。彼女の責任は、むしろ、これら中国本土当局から情報を引き出せなかった点にある。また、中国本土では疫病に関する情報が国家機密扱いとされることもあるため、そうした弊害に積極的に立ち向かわなかった董建華行政長官(当時)に、より大きな責任があったという説もある。彼女が唱議した、鳥インフルエンザの発生と予防対策は、世界各国で採用されている。


彼女は返還前の香港に生まれたらしいので、彼女にとって、支那(中国)は「祖国」という認識があるのかどうなのか、判りませんが、その支那では・・・

新型インフルエンザ 支那に対してこそ、調査が必要! の続き » » »

インフルエンザ、やっぱ今シーズンは大流行なのか

対策お早めに、インフルエンザ患者急増中

国立感染症研究所は2日、全国5000の医療機関から報告されたインフルエンザ患者数が、先月17~23日の週に急増したと発表した。

1定点(医療機関)当たりの報告数でみると、過去10年で最も早く流行入りした昨季に次ぐ多さ。

一部地域では既に流行しており、感染研は、比較的早期に全国に広がる可能性があると注意を呼びかけている。

感染研によると、11月17~23日のインフルエンザ患者数は2632人。1定点当たり0・56人で、前週の0・31人を大きく上回った。昨季同期(1・53人)に次ぐ高い値を示した。

流行開始の判断は、「1定点当たり1人」が目安となるが、既に山梨(5・3人)、島根(2・5人)、和歌山(1・6人)などでは超えた。

11月までの3か月間に報告された患者のうち、5~9歳の割合が最も大きく30・7%。次いで0~4歳(25・9%)と、10歳未満だけで過半数を占めた。ウイルスはA香港型、Aソ連型、B型が確認されている。

感染研の岡部信彦・感染症情報センター長は「今なら、対策がまだ間に合う」として予防接種やうがい、手洗い、マスクの着用などを求めている。

(YOMIURI ONLINE、2008.12.02 11:14)


インフルエンザ流行の兆し 患者増、昨年に次ぐ多さ

インフルエンザ患者の報告数が急増しており、近く全国的な流行が始まりそうなことが、国立感染症研究所のまとめで2日分かった。

全国約5000の定点医療機関から報告された患者数は、11月23日までの1週間で定点当たり0・56人と、前週の0・31人から急増した。この時期の報告数としては、調査開始以来最も流行開始が早かった昨年に次ぐ多さ。感染研は、全国的な流行開始の指標である、定点当たり1・00人を近く超える可能性が高いとみている。

定点当たり患者数が多い都道府県は、山梨(5・25人)、島根(2・45人)、和歌山(1・56人)など。関東、中部、近畿、中国と複数の地域に広がってきている。

感染研は、うがいや手洗いなど日常の注意に加え、早めのワクチン接種を呼び掛けている。

(MSN産経ニュース、2008.12.02 20:22)



10月の始め頃に CEEK.JP で「インフルエンザ」関連の記事を検索したとき、ヒットしたのは数件程度。
でも同じ時期にインフルエンザの予防接種についてのエントリを書いているブログはけっこうありました。予防接種をもうやったとか、まだしていないとか、費用は幾らだったとか。

まだの人は早めに予防接種を受けたほうがいいでしょう。

なるべく痛くないようにしてもらうには、腕でも脂肪の多いところにしてもらう、細い針をリクエストする、など。

ちなみに小生は10月の下旬に某医療センターで予防接種を受けました。

この手の流行病(はやりやまい)は、とかく経済が不調のときに限って、よく流行るものなのかもしれません。


■インフルエンザに関する情報・知識サイト
 国立感染症研究所 感染症情報センター
 東京都感染症情報センター
 MLインフルエンザ流行前線情報DB
 influenza.jp (グラクソ・スミスクライン)






 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。