oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村眞悟氏と田母神俊雄氏が「太陽の党」を継承。憲法無効論と相続税無効論について。

田母神氏、西村真氏が「太陽の党」結成を発表
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140925/stt14092514310004-n1.htm

元航空幕僚長の田母神俊雄氏と西村真悟衆院議員(無所属)は25日午後、国会内で記者会見を開き、新党「太陽の党」の結成を表明した。西村氏が代表、田母神氏は代表幹事兼国民運動本部長にそれぞれ就いた。当面、国会議員は西村氏1人だが、次期国政選で党勢拡大を狙う。会見には次世代の党の石原慎太郎最高顧問も同席した。

新党は石原氏が代表を務めていた「太陽の党」を継承する形で運営する。主要政策としては、(1)憲法廃棄と自主憲法制定(2)国軍の創設、拉致被害者の救出(3)真の歴史観主張と日本の名誉回復(4)家族の復活、移民受け入れ反対、外国人参政権反対(5)原発再稼働、消費税10%凍結、相続税廃止を掲げた。

(MSN産経 2014.9.25 14:31)



>憲法廃棄と自主憲法制定

我が国の正統憲法は大日本帝國憲法であって、現存している。新たに「憲法」を制定するまでもなく、大日本帝國憲法が我が国の「自主憲法」である。かつ、日本国憲法(占領憲法)は、大日本帝國憲法現存の下、その講和大権に基づく講和条約として有効である。すなわち、日本国憲法(占領憲法)は「一連の講和条約群」のなかにあって、その一つを構成している。よって、仮にも、大日本帝國憲法の現存を忘却し、あるいはそれを認知せずしての「占領憲法廃棄」論であるならば、それはおよそ保守の対極にあると言える。この点につき、西村眞悟氏、田母神俊雄氏の御二方、および両氏を支持ないし応援している人々のご見解、ご考察は如何であるか、小生、甚だ憂慮せざるを得ず。

>相続税廃止

くれぐれも「相続税の制度を現時点以降で廃止」もしくは「相続税の制度を将来のある時点をもって廃止」等であってはならない。相続税は税として「もとより」無効である。そこにあるのは原状恢復の法理が最も適用される場面である。これに反対する者、異論を唱える者は、いわゆる「敗戦利得」の擁護者に他ならず、知ってか知らずかは別として、革命と収奪を礼賛し狂喜し肯定している者であり、その者らの思想はおよそ保守の対極にある。

この相続税についての態度や言動は、保守真正度を測定する重要なリトマス試験紙の一つになる。

相続税として戦後納められた金は現在価値に換算し、かつ充分な利息を付け、その家の正統の家督相続人に返還されなければならない。なおかつ、相続税納税のために祖先伝来の不動産を造作せざるを得ない情況に追い込まれた結果、当該不動産が如何なるかたちであれ改変されている場合は、当該不動産とその一切の付属物(例:門柱、門扉、塀、壁、土砂、立木、庭石、落ち葉一枚、どんぐり1個に至るまで)の原状恢復に係る資金につき、政府はその家の正統の家督相続人に賠償と補償を行う義務を負う。それが数千兆円、あるいは数京円かかっても、である。

そういう見地からすれば、この問題のもう一つの肝は、家督相続の復活にあると言える。家督相続の復活なくして、家を、家庭を、夫婦の関係を、親子の関係を、兄弟姉妹の関係を、あるいは家庭の団らん(拉致被害者とその家族のそれも含む)を、そしてそれらから育まれ、醸成される自助と自律の精神を、尋常の状態にしよう、させようとするところに、根本の無理がある。

なお、かつて渡部昇一氏が提唱された「相続税をゼロにせよ!」論は、相続税が税として有効であるとの捉え方だからこそ出現する論であって、その論と小生の言う「相続税は税として無効である」の論とは、憲法論における日本国憲法の有効論(改正論)と無効論ほどの差がある。

そして、相続税だけではない。贈与税、固定資産税、都市計画税等、祖先伝来の家督に係る不動産に対する課税はすべて無効である。当該の不動産より金銭的な収益も利益も発生していないならば、当該不動産を課税対象とはしないし、また、そのような不動産を課税対象としてはならない。何度でも言う。これに反対する者、異論を唱える者は、いわゆる「敗戦利得」の擁護者なのであって、革命と収奪を礼賛し肯定している者である。その者らが得た「敗戦利得」は、一切の法律の上位にある『法の支配』の法を犯して手に入れた「不法利得」であり、それを元として得た利得や権益、学歴、地位、身分、生活環境一切もまた「不法利得」であり、利息と懲罰的利息も加算して没収されなければならない。それが、原状恢復の法理の実行にかかる主な財源となる。


原状恢復に反対する者らに、憲法論や皇室論や租税論や拉致被害者の救出を語る資格はもともと無い。

保守は、原状恢復に反対する者らの、憲法論や皇室論や租税論や拉致被害者の救出を語る資格を認めない。

原状恢復に反対する者達のうち、憲法論や皇室論や租税論や拉致被害者の救出を語っている連中をまとめて『似非保守』と言う。


少なくとも、以上書いた程度のことすら認識できない政党であれば、真の保守政党とはならない。





スポンサーサイト

【JAXA】 南極海の海氷面積が観測史上最大になった 【水循環変動観測衛星「しずく」】

  南極海の海氷面積 観測史上最大に (JAXA) 画像はJAXAより拝借。

南極海の海氷面積 観測史上最大に(速報)|JAXA EORC
http://www.eorc.jaxa.jp/imgdata/topics/2014/tp140924.html

南極海の海氷が、2014年9月20日、衛星による観測が始まった1970年代後半以降で最大の面積(2012.0万km2)を記録しました。これまでの最大面積記録は、2013年9月21日に記録された1949.5万km2で、今年はさらに62万km2(本州、四国、九州を合わせた面積の約2倍)増加したことになります。

北極海の海氷面積が近年減少傾向をたどる一方で、南極海の海氷面積は横ばいかわずかながら増加する傾向を示してきました。特に最近2年間は、2012年、2013年と最大面積記録を更新し続け、今年さらに3年連続で記録が更新されたことになります。(以下略)

(2014/09/24)



>北極海の海氷面積が近年減少傾向をたどる

[関連エントリ]
【動画】 水循環変動観測衛星「しずく」がとらえた地球 (JAXA) (2012/12/12)



「ハッピーマンデー♪」という脳ミソお花畑

「海の日」はやっぱり7月20日がいい!? 超党派議連、祝日法改正案提出へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140924/stt14092405400001-n1.htm

超党派の国会議員らでつくる「海事振興連盟」(会長・衛藤征士郎前衆院副議長)が、7月の第3月曜日と定められている「海の日」を制定当初の7月20日に戻す祝日法改正案を、29日召集の臨時国会に議員立法で提出する。

土日を含めた3連休を増やす「ハッピーマンデー」制度の導入で、「海の日」の本来の趣旨が忘れられつつあり、衛藤氏は「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」と指摘。「改正した暁には都道府県単位で海洋国家日本の発展を願う行事を開きたい」と語った。

「海の日」は明治9年7月20日、明治天皇が全国の灯台を見回る特別船「明治丸」で東北地方巡幸から横浜に帰港されたことに由来する。(以下略)

(MSN産経 2014.9.24 05:40)



拙ブログの最初のエントリ(2008/07/20付)が 『海の日。“海で遊ぼう”だけの日なら・・・』でした。

「ハッピーマンデー」など、脳ミソお花畑も甚だしい。

「ハッピーマンデー」は終了で良い。




【医療幻想】 デング熱騒動について。

【デング熱】感染場所は不明、新たに1人確認 感染者151人に
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140930/bdy14093015200004-n1.htm

厚生労働省は30日、東京都の20代男性が新たにデング熱と確認されたと発表した。東京・代々木公園や、これまで感染場所として疑われる場所には行っておらず、感染場所は不明。症状は安定しているという。

デング熱に国内感染したのは、17都道府県で151人となった。

(MSN産経 2014.9.30 15:20)


【デング熱】新たに都内の女性感染 患者143人に 新宿御苑からまたウイルス
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140925/bdy14092517270002-n1.htm

厚生労働省は25日、代々木公園を訪れた東京都の40代女性がデング熱と確認されたと発表した。デング熱に国内感染したとみられるのは17都道府県で143人となった。

都によると、女性は8月12日に発熱などの症状が出て19日に医療機関を受診。代々木公園を毎日訪れていたことや症状などから、後日、デング熱の感染を疑い医療機関に残されていた検体を検査したところ、感染が分かったという。

また、環境省は25日、新宿御苑の7カ所で採集した蚊からデングウイルスが検出されたと発表した。検出されるのは2度目。新宿御苑で蚊に刺されて感染した人は報告されていないが、環境省は当面、閉園を続ける。(以下略)

(MSN産経 2014.9.25 17:27)



これまでは「夏風邪ですね。しばらく安静にして様子をみてみますか」で片付けられていたものである。
 ↓
ところが、この夏のある日、ある患者が「夏風邪」のような症状を抱えつつ、悩みつつ、受診。
 ↓
ところが、その患者を診察した医者はアホではなかった。圧倒的大多数の医者のようなボンクラではなく、デング熱を知っており、患者の症状や自身の直観からデング熱を疑診。
 ↓
検査実施。
 ↓
正解! デング熱でした。
 ↓
デング熱の患者が発生したことがアホ医者やボンクラ医者の知るところとなるに至り、
 ↓
これまで「夏風邪ですね。しばらく安静にして様子をみてみますか」としていたトコロを、「夏風邪かもしれませんが、デング熱の疑いもあるので、検査してみましょう」と修正することと相成り、
 ↓
デング熱の患者が次々と見つかった!

というお話。

もちろん私見ですょ。

まぁ、現実の医療のレベルはそんなものです。いや、もっと酷いというべきかもしれない。テレビドラマやアニメが描くような格好のいい名医はいないと言っていいでしょう。

「医療幻想」は「中国(支那)幻想」「アメリカ幻想」に比喩できる。全治五十年といったところか。医者も患者も思想がリベラルすぎなんだよ。


◎大学受験を含む進路を考えている人へ◎

世間のライバルが「資格取得だ!」「国家資格だ!」「少子高齢化社会だから!」などと言って、「医療だ!」「福祉だ!」「医学部だ!」「介護福祉学科だ!」と必死になってワクテカになってそれらの分野を目指しているのなら、今こそ、あなたは「原子力(原子動力・核動力)」「核エネルギー工学」の学科を持つ大学の工学部を目指すべきなのです。「材料」・「材料工学」、「土木工学」もオススメ。




【ぁべのみくすぅ】 実質GDPの成長率、年率でマイナス7.1% 日本政府が日本国内で円を使え!

4-6月GDP下方修正、リーマン以来の減少幅
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NBCY3Z6TTDS001.html

内閣府が8日発表した同期のGDP改定値は、前期比1.8%減と速報値(1.7%減)から下方修正された。前期比では東日本大震災があった2011年1-3月期と同じマイナス幅。前期比年率では、リーマンショック後の09年1-3月期(15.0%減)以来の大きな落ち込みとなった。
(中略)
SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは発表後のリポートで、「主なプラス項目は在庫増と輸入減だが、これは内需不振の結果であり、数字以上に内容は悪いものであった」と指摘。「今回の改定では内容が1次速報より一段と悪化した。ネガティブな結果を受け、市場の関心は政府・日銀の要人発言に集まろう」としている。
(中略)
SMBC日興証券の牧野氏は「4-6月期の落ち込みが大きく、7-9月期の回復が弱ければ、日銀の物価2%目標の達成時期が遠のくほか、政府の消費増税判断も危うくなる」と指摘。「市場では、日銀の追加金融緩和、政府の追加財政出動への期待が一段と高まる公算が大きい」としている。

(Bloomberg 2014/09/08)



そしてつい数日前のニュース。本人がバカのフリをしているのか、それとも本当にバカなのか。後者ではないと思いたい。

消費増税の先送り「リスク大きい」 日銀・黒田総裁、景気回復の先行きに自信
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140904/fnc14090421380011-n2.htm

日銀は4日、金融政策決定会合を開き、現行の金融緩和策の継続を決めた。黒田東彦(はるひこ)総裁は会合後の会見で、消費税増税後の個人消費の落ち込みを「一時的な要因によるもの」とし、景気回復の先行きに自信を示した。また、消費税率の10%への再引き上げの先送りは「リスクが大きい」と懸念を表明し、予定通り来年10月に増税すべきだとの考えを示した。
(中略)
消費が落ち込めば企業が製品の生産水準を落とす懸念がある。実際、7月の鉱工業生産指数は前月比0.2%増と低調だった。
それでも日銀は、企業の生産予測が改善傾向であることなどから「緩やかな増加基調をたどる」(黒田総裁)と分析。設備投資も、企業の好業績を背景に「積極的な投資姿勢を保っている」として、「所得から支出への好循環のメカニズム」は崩れていないと“強気”を貫いた。
(中略)
景気回復の足取りが弱いことから、消費税の再増税の先送り論が浮上していることについては、「財政の健全化が着実に進むことは日本経済にとっても極めて重要」と言及。先送りで財政再建への疑念が持ち上がれば「日銀として対応しようがない」と述べ、先送り論にクギをさした。

(MSN産経 2014.9.4 21:38)



何の「リスク」が大きいのか、さっぱり不明。「消費税率の引き上げが日本経済にさらなる悪影響を与えるリスク」なら判る。「増税」も「財政再建」もインフレ対策。「財政再建」はその時に選択し得る手段であって常にある至上の目的ではない。

こんなニュースもずぅーっと以前から続いている。日本政府が日本国内で公共投資をせよ(円を使ってくれ!)というサイン。

長期金利、0・525%に低下
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140908/fnc14090817090010-n1.htm

週明け8日の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(335回債、表面利率0・5%)の利回りが前週末終値より0・010%低い0・525%だった。(以下略)

(MSN産経 2014.9.8 17:09)



 日本銀行総裁 黒田東彦氏 画像はMSN産経より拝借。

 黒田東彦:日本銀行 Bank of Japan
 黒田東彦 - Wikipedia

東京大学卒業して海外留学もしてるのならそれくらい自分の脳力で判れ。






MSN産経、終了かぁ。

「MSN産経ニュース」終了へ、10月1日より「産経ニュース」として全面刷新
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140908_665629.html

株式会社産経デジタルは、産経新聞グループの新たな旗艦ニュースサイトとして、10月1日より「産経ニュース」を提供すると発表した。これに先立ち9月8日、ベータ版を公開した。2007年10月より日本マイクロソフト株式会社と共同運営してきた「MSN産経ニュース」は終了する。 (以下略)

(INTERNET Watch 2014/9/8 12:26)






 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。