oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

真正保守勢力の結集とはなかなかならない

平沼氏が新党結成へ

 自民党離党組で無所属の平沼赳夫元経産相は17日、岡山市内のホテルで開いた後援会パーティーで、「今夏の参院選までに新しい保守勢力を結集して、自民党と共同して第3の流れをつくっていきたい」と述べ、新党を結成する方針を明らかにした。今夏の参院選に向け、候補者調整も進めているという。

 平沼氏は「民主党は衆院で多数となり、永住外国人の地方参政権付与などマニフェスト(政権公約)にないことをやろうとしている」と指摘。そのうえで、「参院選でも単独過半数を取れば、この国は全体主義になる恐れがある」との懸念を示した。

 終了後、記者団に、参院選について「10人以上は当選させなければならない」と述べた。

 平沼氏は現在、衆院議員3人らで平沼グループを結成している。

(MSN産経ニュース、2010/01/17 16:25)



真正保守勢力の結集とはなかなかならないと思います。先の衆院選で平沼グループから立候補された面々をみても、必ずしも真正保守とはみてとれない方々もいらっしゃいました。むしろ民主党から立ったほうが当選してたんじゃないの?という感じの方もいらっしゃいました。

改革クラブあたりと合流し、たとえば、「永住外国人の地方参政権付与に反対」等の一致結束項目を5つ程度掲げたうえで、むしろ、「結束項目については強固に死守するも、緩やかな保守勢力の新政党」という路線の新党結成のほうが、参院選での勝算は高まるのではないだろうかと思います。

自民党との選挙協力も必要でしょう。選挙区における新党候補者が自民党系候補者と競合し、保守系の票の喰い合いの結果、民主党系候補者が漁夫の利を得る、では民主が笑うのを応援することになりかねません。

自民党にしても、単独で勝つ算段や考えは、この際、捨てるべきでしょう。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/105-4caa9f56
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |