oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

「IMFの問題はストロスカーンだけか」

マウント・ワシントン・ホテル
Mount Washington Hotel.
ホテルの立て看板ではイタリック体の "The" を冠して
"The" Mount Washington Hotel となっている模様。
そうなのである。まさに、”あの” Mount Washington Hotel である。
(画像は Google のイメージ検索の結果をキャプチャしたもの)

マスメディアに斯様なIMF(International Monetary Fund)批判の記事が載るのは、此度のような機会でもない限り、まぁ珍しいかと思えたので、保存用にコピペ。今回は「保存用にコピペ」のエントリです。

【コラム】IMFの問題はストロスカーンだけか - WSJ日本版 - jp.WSJ.com
http://jp.wsj.com/Economy/Global-Economy/node_238683
(2011年 5月 19日 20:14 JST)

【ボストン】国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロスカーン専務理事が性的暴行の疑いで逮捕されたことは、IMFが最も避けたいこと――「注目」を招いてしまった。

IMFは、例えるなら、中世におけるローマカトリック教会のようなものだ。王の背後にいる真の実力者で、あらゆる場所で影から手を回し、決して説明のつかない存在。ストロスカーンの逮捕が、ギリシャの債務借り換えに支障をきたすかもしれない、との市場のうわさがある。こんなうわさが立つということは、よっぽどのことだ。

 下劣な性的スキャンダルだけが大衆の注目を集める、というのは悲しいかな、人間の性(さが)をよく表している。それは事実だ。しかし、人々の生活に影響を及ぼし、かつ見過ごされている真のIMFの問題に目を向けてもらうために、今、流行りのIMF話を臆面もなくさせて頂くことにする。

 それは、数カ月前に「発覚」したが、おそらく夕方のニュースではあまり取り上げられなかった。

 話としてはこうだ。IMFの「傲慢」「自己満足」「処世術」が、いかに3世代に一度の金融危機を助長したかということだ。

 断っておくが、これは私ひとりの見方ではない。IMFの独立監査役、IEO(Independent Evaluation Office)の意見なのだ。IEOは、IMFの問題点について調査を実施した。

 IEOによると、2004年から07年半ばまで、IMFは、「最終的に危機につながるぜい弱性とリスク」に対して、かなり無頓着だった。

 IMFは、明白な警告を出していない。IEOによれば、「07年4月時点でもなお、IMFのメッセージは、好ましい世界経済の環境が続くなかでの楽観主義を示していた」

 おっと冗談ではない。その時期はすでに「サブプライム」が金融市場の不安を呼び起こし始めてから数カ月が経っていた。 

 これはたいしたことではないのか。昔の話だと片づけられるのか。米国は今、先の金融危機がもたらした大量の失業、記録的な倒産と差し押さえ、数えきれないほどの家庭崩壊を味わっている。政府は新たな金融危機に備えて動いている。欧州も危機に苦しんでいる。

 IMFは、金融システムをめぐる中心的存在だ。信用バブルの間、IMFは一体どこで何をしていたのか。

 IEOの報告書は、IMFが無能だった理由として、「傲慢」「自己満足」「処世術」の3つを挙げ、痛烈に批判している。

1)「傲慢」について:報告書は、IMFのスタッフが、外部の調査や分析にほとんど注意を払わなかったことを指摘している。2004年から06年まで、信用危機が迫っていることを警告した賢明なエコノミストは多かった。ウォーレン・バフェット氏は、03年という早い時期に、デリバティブを「金融の大量破壊兵器」と呼んだ。しかし、IMFは気にもとめなかった。

 それどころか、IMFの責任者らは、どっかり腰を下ろして「集団思考」にふけっていた。「市場の規律と自主規制は、金融機関の深刻な問題回避に十分」と納得し合い、「“先進的な”金融市場が最小の規制で安全に機能するため、先進国の危機は起こり得ない」と思い上がりも甚だしく信じていた。

2)「自己満足」について:IEOによると、IMFのスタッフは、バランスシート分析が「不十分で、使い方を誤ることもあった」という。報告書は、「あるIMFの上級スタッフの発言にもあるように、IMFにとって、バランスシート分析はマクロ分析の“失われた環”だった」と指摘している。

 それは聞き捨てならないことだ。見習いアナリスト、いや、自分の資産運用に1カ月以上時間を割いた経験を持つ個人投資家でさえ、バランスシートが基本中の基本だということは知っている。損益計算書でさえ、バランスシートの次に重要なのだ。IMFはそのバランスシートを見ようともしなかった。

 IEO報告書は、金融情勢を振り返り、IMFは、多くの有用なデータを「無視または誤解した」と指摘。そのうえで、「そのデータ不足ゆえに、一部の金融システムの状態や証券化というリスク分散の特質に賛辞を送ることができた」とした。

3)「処世術」について:IMFでは、出過ぎた発言は最も嫌われた。組織に漂う「賢明さ」に刃向おうとする者はいなかった。波風をたてないために、迎合する――これが、IMFの幹部に昇進するための方法だった。「余計なもめ事を起こすな」「たとえ間違っていてもボスの言うことに反対するな」、である。

 IEOによると、「スタッフは、たとえ間違っていたとしても、組織内の評価に合えば失敗はない、と感じていた」「上級スタッフ数人が、強い異論を唱えることについて、キャリアを台無しにする可能性があると感じていた」という。上級スタッフがそうならば、ジュニアアナリストの目には、この組織はいったいどう映っていたのか。

 驚くべきことに、これらのIMFの欠陥は新しいものではない。ひとつとして知られていないものはない。「10年間」警鐘を鳴らしていた批評家も複数あったという。しかし、誰一人として行動を起こさなかった。

 つまり、これがIMFなのである。こういう役人たちを誰が問いただすのか。

 ストロスカーン容疑者がライカーズ島の収監施設に送られる光景を目にしたことで、IMFに漂うオーラは一部剥げ落ちたことだろう。もしそうならば、今が変革の時、である。

(筆者のブレット・アレンズは、マーケットウォッチとウォール・ストリート・ジャーナルのパーソナルファイナンス・セクションのコラムニスト)



で、ストロスカーン氏の後任の最有力候補と目されるのが、この方、クリスティーヌ・ラガルド仏財務相。

Christine Lagarde (クリスティーヌ・ラガルド仏財務相) 01 Christine Lagarde (クリスティーヌ・ラガルド仏財務相) 03 Christine Lagarde (クリスティーヌ・ラガルド仏財務相) 02
(画像は Daylife より)

IMFトップ人事:欧州は域内候補に固執、露は新興国-日米は沈黙 - Bloomberg.co.jp
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=aEnek1FzG_EQ
(2011/05/19 22:20 JST)

(一部抜粋)

ドイツのメルケル首相は19日記者団に、欧州のソブリン債危機が「欧州からの選出を妥当なものにする」と述べるとともに、迅速な決定が必要と指摘した。スウェーデンのボリ財務相は同日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューでラガルド氏支持を言明。また、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのウェリンク・オランダ中銀総裁は、ECBのトリシェ現総裁はIMF専務理事候補として「素晴らしい」と発言した。

IMFで6.25%という2番目に大きい議決権を持つ日本はまだ姿勢を決めていない。16.8%を持つ米国も沈黙している。


IMFトップ:後任、仏財務相を軸に 新興国は反発 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/today/news/20110520k0000m030133000c.html
2011年5月20日 2時30分

(一部抜粋)

ラガルド財務相は55歳。就任が決まれば女性としては初のIMFトップとなる。米法律事務所幹部を経て05年からフランス農業・漁業相を務め、07年6月には主要8カ国(G8)で初の女性財務相に就任した。今年2月と4月には主要20カ国・地域(G20)首脳会議の議長国代表として財務相・中央銀行総裁会議の議論を主導するなど国際感覚と政治力には定評がある。

IMFはストロスカーン容疑者の逮捕を受けて、水面下で後任の人選を急いでいる。ただ、今回の辞任劇が関係者にとっては想定外だったことや、中国やブラジルなど新興国を中心に「IMFトップは欧州出身者」との不文律への反発が強まっていることから、ラガルド氏の専務理事就任には紆余(うよ)曲折もありそう。新興国からは、欧州連合(EU)加盟交渉中のトルコのケマル・デルビシュ元財務相(62)や、シンガポールのシャンムガラトナム財務相らが後任候補として取りざたされている。



しかして日本は、

IMF・世銀総会、東京開催へ調整 12年秋 :日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/
(2011/5/20 2:00)

野田佳彦財務相は2012年秋の国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会を東京で開く方向で関係各国と調整に入った。東京での開催は 1964年秋以来、48年ぶりとなる。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議も併せて開く見通し。東日本大震災からの復興に取り組む日本の姿を世界に直接アピールするきっかけとしたい考えだ。
(以下略)



IMFの会合なんて招致すべきではありません。無事に済んで「あー、やれやれ」ってな感じで、得られるものは、テロ対策の莫大な出費と心理的肉体的負担のみ。日本の国益に何のメリットもありません。

IMFの幹部や職員などというのはこれからますます、第三世界の人民によるテロの標的になるでしょう。第三世界の人民に罪をなすり付けるかたちの偽装テロ、なんていうのもありかもしれません。ここは「おとなり」の韓国にその会合の開催を優しく生温かく譲ってあげるのがよろしいかもしれません。(笑)

ついでに、

EU・IMF、ギリシャが抜本的民営化計画示すまで調査終了せず=関係筋 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnJT890858120110519



第三世界の諸国に「構造改革プログラム 構造調整プログラム (SAP)」などという激烈な新自由主義を強制してきた手前、ギリシャだけ特別扱いでは示しつかないでしょう。それに、ユーロ加盟国のなかでギリシャみたいな巨額な対外債務抱えてるとこはギリシャ一つではありません。

ユーロ加盟国なんぞになっちまった所為で「自前の通貨の暴落」もできず、いまさらながら、ギリシャって、なんでユーロ加盟国になったんでしょうか・・・。で、一体、ドーするつもりなんでしょうか・・・。


参考:
Carroll, New Hampshire - Wikipedia
  (↑いまのところ日本語版のウィキペディアにはこの項目なし。)
ハリー・デクスター・ホワイト - Wikipedia



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/143-2dd927ad
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

» -

管理人の承認後に表示されます

 | HOME |