oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【日本国憲法エセ無効論】「破棄」→「自主憲法制定」 の爺さん【石原慎太郎】

「占領統治のため作られた憲法は無効、破棄し作り直しを」石原知事、陸自第1師団50年式典で訴え - MSN産経

多くの部隊が東日本大震災の被災地支援に就いた陸上自衛隊第1師団の創立50周年記念式典が8日、東京都内の練馬駐屯地であり、来賓の石原慎太郎都知事は祝辞で、危険地域でも自衛隊の武器使用が限定される現状などを批判した上で「敗戦後の占領統治のために作られた憲法が独立後もまだ続き、その拘束のなかで国を守る軍隊が自由に行動できない。こんなものは無効で破棄し、みんなで新しい憲法を即座に作ったらいい」と述べ、国全体で憲法について考え直すよう来場した人々に訴えた。(以下略)
(2012/04/08)



たとえば、五十嵐敬喜氏あたりが、あるいは 憲法.com 市民版憲法調査会 の「呼びかけ人」に御芳名を連ねていらっしゃる諸氏が、
「敗戦後の占領統治のために作られた憲法が独立後もまだ続いている。こんなものは無効で破棄し、みんなで新しい憲法を即座に作ったらいい」
と言った場合はこれに反対し・・・・・

石原慎太郎氏が、
「敗戦後の占領統治のために作られた憲法が独立後もまだ続いている。こんなものは無効で破棄し、みんなで新しい憲法を即座に作ったらいい」
と言った場合はこれを賞賛する・・・・・

これをダブル・スタンダートという。逆もまた然り。

まぁ、五十嵐党と石原党の二大政党が国政選挙で対決に出て、過半数の議席を獲得したほうの言い分が通るわけです。これを国民主権の行使という。国民様の国民主権の行使によって、めでたく「新憲法」が誕生するわけです。五十嵐憲法になるか石原憲法になるかはそのときの情勢次第、まぁ国民様のご気分次第ですな。ついでに、五十嵐式皇室典範になるか石原式皇室典範になるか、まぁ、これもそのときの情勢次第、国民様のご気分次第ですな。で、出来た「新憲法」が気に入らなければ、もっともらしい理由をつけて「破棄」をして「新新憲法」を作り、「新新憲法」が気に入らないとなれば、また「破棄」をして「新新新憲法」を作り、「新新新憲法」が気に入らないとなれば、また「破棄」をして「新新新新憲法」を作ればいいわけですな。

この石原慎太郎氏は衆議院議員を8期もおやりになり、参議院議員もなさっていたことがかつてあるわけです。ご自分が国会議員であられたとき、日本国憲法の憲法としての無効性を語り、かつ無効宣言に向けた具体的な行動を国会で起こしたことがあるでしょうか。それを今になって「憲法は無効、破棄したらいい」と言い出す。「新しい憲法を作ったらいい」と言う。

あるいはそうした批判が当たらないというのであれば、

一、「大日本帝國憲法は日本国の憲法として現存している」
二、「日本国憲法は日本国の憲法として無効である」

と、石原都知事お一人でもよいから都議会で宣言なさるべし。


関連エントリ:
oyoyo Memo Blog 石原慎太郎氏にみる、日本国憲法「エセ無効論」
oyoyo Memo Blog 「石原新党」の基本政策にみる、極左&反日のメンタリティ





 ♪♪
 Ken Shimura - English Lesson - YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=Ic53hhFllPM





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/165-0ce067ca
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |