oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【安倍自民294議席】 良くも悪くも、これで「戦後レジームの本線」(戦後本線)に戻る。

良くも悪くも、これで「戦後レジームの本線」に戻る。しかしながら、日本の回復のためには、少なくとも一度この「戦後本線」に戻らなければ仕方がないのである。「失われた10年」とか「失われた20年」と呼ばれる時期は、引込み線ないし支線に進入した時期である。引込み線ないし支線から一度は「戦後本線」に戻らざるを得ないのである。もちろん、日本の真(まこと)の本線は「戦後本線」ではない。日本の真の本線はどこにあるのか、どのようなものなのかを皆で思考しながら、安倍政権をできるだけ長く支えなければならないと思う。

自・公で325議席獲得 政権交代へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121217/t10014232653000.html

第46回衆議院選挙は、16日、投票が行われ、自民・公明両党は、衆議院のすべての議席の3分の2を上回る、325議席を獲得して圧勝し、政権が交代することになりました。
自民党の安倍総裁は、みずからの政権の樹立に向けて、17日から公明党との連立協議を始める一方、党の執行部人事で、石破幹事長を留任させる意向を固めました。
これに対して、民主党は議席を選挙前の4分の1以下に大きく減らす大敗となり、野田総理大臣は記者会見で、民主党の代表を辞任する考えを表明しました。

第46回衆議院選挙は、16日投票が行われ、即日開票され、480のすべての議席が決まりました。
▽民主党は、小選挙区で27議席、比例代表で30議席の合わせて57議席、
▽自民党は、小選挙区で237議席、比例代表で57議席の合わせて294議席、
▽日本未来の党は、小選挙区で2議席、比例代表で7議席の合わせて9議席、
▽公明党は、小選挙区で9議席、比例代表で22議席の合わせて31議席、
▽日本維新の会は、小選挙区で14議席、比例代表で40議席の合わせて54議席、
▽共産党は、小選挙区で議席を獲得できず、比例代表で8議席、
▽みんなの党は、小選挙区で4議席、比例代表で14議席の合わせて18議席、
▽社民党は、小選挙区で1議席、比例代表で1議席の合わせて2議席、
▽国民新党は、小選挙区で1議席、
▽新党大地は、比例代表で1議席、このほか無所属が5議席で、新党日本と新党改革は議席を獲得できませんでした。
自民党は選挙前の勢力の118議席を大幅に上回る議席を獲得し、300の小選挙区では79%に当たる237議席を獲得しました。
ただ、比例代表は、前回の選挙で獲得した55議席を2議席上回る、57議席でした。
公明党は、小選挙区に擁立した9人の候補者全員が当選するなど、選挙前の勢力から10議席増やしました。
これに対して、民主党は獲得議席が57議席にとどまり、平成10年に今の民主党が結成されてから最低となり、議席を選挙前の4分の1以下に大きく減らす大敗となりました。
第3極の政党では、日本維新の会が比例代表で民主党を抑え、第2党の議席を獲得したほか、全体の議席でも民主党との差が3議席に迫り、選挙前の勢力からおよそ5倍に増やしたほか、みんなの党も選挙前の勢力から2倍以上に増やしました。
一方、日本未来の党は、選挙前の61議席から9議席に大きく減らしました。
共産党は選挙前の勢力から1議席減らしました。
社民党は、平成8年に旧社会党から現在の社民党に移行してから最も少ない2議席になりました。
国民新党は獲得議席が1議席にとどまり、平成17年の結党以来、最も少なくなりました。
新党大地は、選挙前の勢力から2議席減らして1議席となりました。
今回の衆議院選挙で、自民・公明両党は合わせて325議席を獲得して圧勝し、政権が交代することになりました。
自民・公明両党は参議院では過半数を確保していませんが、衆議院のすべての議席の3分の2を上回る議席を獲得したことによって、参議院で否決された法案を衆議院の3分の2以上の賛成で再び可決して成立させることが可能になりました。
自民党の安倍総裁は、みずからの政権の樹立に向けて、17日から公明党との連立協議を始めることにしています。
安倍総裁は16日夜、記者団に対し「公明党と連立政権を組むことは選挙中から話していたことだ。きょうから両党で政策のすり合わせの協議をしていきたい。ただ、参議院では両党合わせても少数である状況は変わらず、法案ごとに、理念や政策が一致する政党に協力をお願いしていく」と述べました。
そのうえで安倍総裁は、来週にも召集される特別国会で、みずからが新しい総理大臣に指名される見通しになったことから、党執行部や新政権の閣僚などの人事について検討を始めており、党運営の要となる幹事長に、今回の衆議院選挙で陣頭指揮に当たった石破幹事長を留任させる意向を固めました。
一方、野田総理大臣は16日夜、記者会見し、今回の衆議院選挙で大敗したことについて、国民の審判であり、厳粛に受け止めるとしたうえで、「政治は結果責任であり、厳しい敗北に至った最大の責任は、党の代表である私にある」と述べ、民主党の代表を辞任する考えを表明しました。

(2012年12月17日 6時4分 NHKニュース)



一度総理大臣を務めた人が時をおいて再度総理大臣を務める例は、戦後では現時点において吉田茂だけである。まもなく安倍氏はその二例目ということになる。

奪還!安倍総裁、故吉田茂氏以来の再度首相へ
http://www.sanspo.com/geino/news/20121217/pol12121705020007-n1.html

 第46回衆院選は16日、投票が行われた。即日開票の結果、自民、公明両党の合計獲得議席は、盤石の政権運営が可能となる320議席を上回り、約3年3カ月ぶりに政権を奪還することになった。自民党の安倍晋三総裁(58)は26日にも特別国会で再び首相(第96代)に指名され、公明党との連立政権が発足する運び。06年9月に首相に就任も、体調不良もあり1年で辞任した安倍氏。一度退陣しての復活は、戦後では故吉田茂元首相以来だ。(以下略)

(2012.12.17 05:01 SANSPO.COM)



吉田茂にたいする評価は、実は保守と民族派(反米)とでは大きく分かれる。吉田茂という舵取り役がいなければ、おそらく戦後日本の経済成長とその謳歌は、民族派という共産主義者に妨害され、もっと粗末で息苦しいものになっていたであろうと思われる。軍隊は成ってもそれは共産軍と化していた可能性さえある。だから占領憲法を受け入れざるを得なかったのである。これが判ってこそ、いわゆる「戦後レジームからの脱却」(戦後本線から真の本線へ)の糸口が見えてくる。

にもかかわらず、少なからぬ「保守派」がたとえば孫崎某なる人物の『戦後史の正体』に五つ星を付けてマンセーしている状態では、占領憲法時代は続く。続かざるを得ない。支那・朝鮮・民主党という反日勢力が増長すれば、それに呼応して民族派という反日勢力がその勢いを増し、また、支那・朝鮮・民主党という反日勢力が仮に後退すれば、その後退した分量だけ、やはり民族派という反日勢力がその勢いを増し、いずれにしてもその双方の奴らが真の本線への回復を邪魔するのである。少なくとも明治維新以降、それが繰り返されてきたように思われる。それを戦後に限って観れば、すなわちそれが目下の連合国体制の護持や支那の増長につながっているのである。これまで多く語られてきた「反日」は、真実の反日の一部でしかない。「支那・朝鮮の反日」と「日本における反米」の相同性ないし相似性に気付かねばならない。

安倍氏一人に期待していても始まらない。以上のような思想を了解できる日本国民がもっと増えなければならない。「戦後レジームからの脱却」に関して、そのスタートラインが見えてきたようで実は見えていないのが現状の日本である。

以前のエントリのなかで

数多の「これが日本の保守思想だ!」と、あたかも保守の定番であるとのお墨付きを得た思想家や評論家の著作であっても、かなりアヤシイのが、これまた沢山あることに気付かされるのです。

そして、そうした類の思想家や評論家の思想のDNAをどこからか継受した、或いはどこからともなく継受した、現生の新たな思想家・評論家がこれまた多々発生しており、そうした連中の著作や言論が、いまも飽くことなく生産され、売りさばかれ、拡散されていることに、また気付かされるのです。

日本国憲法改正という、「保守派」における「シャバ人間主義」



と書いたことがあるが、孫崎某の『戦後史の正体』も、「そうした連中の著作や言論」の類に入る。どうも日本では、左翼か民族派しか育たないのか。。。





笑えるニュース記事。

中国党機関紙“混乱 どう収拾するか”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121217/t10014237121000.html

衆議院選挙の結果、政権が交代することになったことについて、中国共産党の機関紙、人民日報は、「日本の当局が混乱した状態をどう収拾するのかを見る」という、タイトルの論評を掲載しました。

論評は、まず、日本が厳粛に対応すべき問題は靖国神社の参拝問題と尖閣諸島を巡る対立、さらに平和憲法の問題だ、と指摘しています。
そのうえで、「日中関係は今、進むか後退するかの一つの鍵を握る段階にある。日本の新しい指導者が大局的な立場から対立がエスカレートするのを避け、共に危機をコントロールして、できるだけ早く両国間の焦点を島の問題から日中の協力や地域の協力など重要な議題へと移すことを希望する」として、尖閣諸島を巡る対立などで日本側の動きに注目する姿勢を示し、自民党の安倍総裁をけん制しています。

(12月17日 13時2分 NHKニュース)



さすがは支那の犬・NHKである。チューゴク様がボールを放れば、ワンワン♪といって嬉しそうに取りにいく。

日本の国内の政党の機関紙の内容を紹介するニュースなど一切しないくせに、チューゴク共産党だけは別格扱いのNHKである。たまには日本共産党の機関紙「赤旗」や公明新聞・聖教新聞の第一面の内容を紹介するニュースもしてやってはどうかwwwww

共産支那よ、いや、「統制(党製)資本主義」支那よ、心配するな、オマエのところの「混乱」にくらべれば、こんなものは「混乱」にすら入らない。それから、尖閣諸島は日本の領土である。そもそも、国ではないクニモドキの支那は領域に係る種々の権利を主張する主体たり得ない。

日本は海賊対策の部隊をソマリアやアデン湾に派遣できるのであるから(ソマリア沖海賊の対策部隊派遣 - Wikipedia)、尖閣諸島沖とその周辺海域に出没する支那人海賊(自称「海監」、自称「漁政」等)対策の部隊の派遣を躊躇する理由はない。しかも日本側は既に支那人海賊による被害を受けており、実害が発生している。その実害の隠蔽を試みたのがこれまた支那の犬・民主党政権である。

支那は国ではない。クニモドキである。北朝鮮・下朝鮮も然り。相手を「国」だと認識しているところからして、もうその時点からして、日本人は相手の仕掛けにハマッているのである。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/200-b7ab61c1
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |