oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

神棚には国産の榊をお供えすべし(付・神棚の祭り方とお供えの方法)

国産の榊、日本産のサカキ
 国産の榊(さかき)(画像は株式会社『ナチュラルリソース』さまのページより拝借)

 共産支那への依存度は9割超!?

国産榊を復活させよう
http://www.farm-biz.co.jp/2013/02/01-070001.php

【(株)彩の榊 代表取締役 佐藤幸次氏、ヒューマン企画 奥山完己氏】

日本で流通している榊の9割以上は中国産である。「榊というものはやはり日本人の手で日本人の心で神様へ祀るものであるべき」と佐藤氏は語る。榊は食品では無いので産地表示の義務はない。大半のお客様はその生産・流通を知らず、中国産であることを知らずに日本の神様とは縁もゆかりもない榊を供えているのではないだろうか。また、関東榊といわれているヒサカキは、中京・関西・中国・四国・九州ではチラ、下草、ビシャコ、ササキ、シバとよばれ仏様・仏花の裏あてに使われ、神棚には祀られない。しかし、これらは関東では榊として流通する。日本にもまだあまり知られていない文化の違いがある。ここにもビジネスチャンスがあるのではないだろうか。

(月刊『農業経営者』 2013/02/01)


熊野のサカキ好評 ネットの注文増える
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=264631

 和歌山県田辺市内のNPOが、地元産サカキの売り上げを毎年伸ばしている。昨年の売上高は2千万円に達し、4年前の4倍になった。国内で出回っているサカキのほとんどが中国産のため、国内産が受けているという。一方で生産者の高齢化で供給量が足りないという課題も出ている。
(中略)
 全国の生花市場や花店から取引の相談や問い合わせがあるという。しかし、求められるサカキの量が多かったり価格が折り合わなかったりして断るケースも少なくない。
(中略)
 熊野ワールドの代表はふたば福祉会職員だった前嶋左恵子さんが務めている。前嶋代表は「熊野のサカキをブランドにしていきたい。納入していただける生産者や作業に関わっていただける人を増やしていきたい」と話している。
 県林業振興課によると、国内で消費されているサカキの95%は中国産、国内産のうち70%は県内産、このうち田辺市産は75%を占める。

(紀伊民報 2013年12月06日)


色、つやなど市場の評価高く 能登産ヒサカキを商品化 金沢市・株式会社「花とも」
http://nosai.or.jp/mt/2011/11/post-2031.html

 「毎朝山に入って新鮮な空気を吸うのは楽しみ」と笑顔を見せる上谷専一さん(72)=石川県能登町時長山口地区=は、自分の山で取ったヒサカキを毎週市場に出荷している。国内流通するサカキの95%を中国産が占める中、金沢市の生花店、株式会社「花とも」が農家に働きかけて能登産ヒサカキを商品化した。ヒサカキの収穫は比較的軽労働で、周年で一定の収入が見込めることから高齢化が進む能登地域で広がっている。(以下略)

(農業共済新聞 2011年11月)




日本の神棚には、支那産の榊(モドキ)でなく、国産の榊を供えましょう。





日本榊の神棚への祀りかた|日本榊本舗
http://www.nihonsakaki.com/contents/howto.html

神棚の祭り方と参拝方法|熊野ワールド【神々の宿る 熊野の榊】
http://www.kumanosakaki.com/sanpai.html

神棚の設置とお供えの方法|神様、ご先祖様に感謝する会
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html


「ヒサカキ」と呼ばれているものは、小生の観るところ「ビシャコ」であり、これは神棚にではなく、仏壇に菊の花などと共にお供えするものであります。「ヒサカキ(ビシャコ)」単品でも販売されているほか、「仏花」として販売されているものの背面にセットされているのが「ヒサカキ(ビシャコ)」です。「ヒサカキ(ビシャコ)」も日本の植物として、現に国内に自生しています。しかし、「サカキ」と「ヒサカキ(ビシャコ)」は、呼称の類似はあっても、一見しただけでも明らかに別物であります。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/220-7c89dcab
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |