oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【北の国から 2009 ミサイル】 対策は核武装とパチンコ撲滅

産経はネットでの記事の配信ガンバッテるなぁ~。
【北ミサイル発射】 の文字が見出しの頭に付く記事、今日一日でいったい何十本、何百本、配信されたのでしょう。
って、別に褒めてるわけではありません。

本題へ入るまえに...

【北ミサイル発射】「打ち上げは失敗」と米宇宙司令部

 【ワシントン=有元隆志】北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は5日、北朝鮮が打ち上げたと主張する人工衛星「光明星2号」について、「何も軌道に乗らなかった」として、打ち上げが失敗したとの見方を示した。同司令部は「ミサイル一弾目は日本海に落下し、残りの搭載物は太平洋に着水した」と指摘している。

 これに対し、北朝鮮の朝鮮中央通信は、人工衛星が同日、運搬ロケット「銀河2号」によって舞水端里の東海衛星発射場から打ち上げられ、軌道進入に成功したと報じている

 人工衛星は「午前11時20分に打ち上げられ、9分2秒後に軌道に正確に進入させた」という。3段式の運搬ロケットと人工衛星は、「国の宇宙科学技術をより高い水準に引き上げるための闘いで収めた誇らしい結実である」とした。

 人工衛星からは「金日成将軍の歌」と「金正日将軍の歌」のメロディーと観測データが地球に送られていると主張している。

 一方、インタファクス通信によると、ロシア外務省のネステレンコ情報局長は同日、人工衛星について、「北朝鮮が軌道に乗せた」と語った。

(MSN産経、2009/04/05 20:53)



失敗か。ご愁傷様。

「金日成将軍の歌」って、これですか?
初めて聞きましたが、耳が曲がりそうな音楽ですよ。
YouTube - 延吉の北朝鮮レストラン 金日成将軍の歌

で、「金正日将軍の歌」はこれね。3番まであるそうです。
「デジエ チョンマンコット ク サランウル チョナゴ ・・・・」
YouTube - 金正日将軍の歌

でもやっぱコレでしょ。
初めて聞いたときは35分くらい笑いました。いまは免疫ができたので、ほとんど笑いません。
YouTube - 金正日豚汁




以上は余談。本題はここから。

[一] 対策は核武装とパチンコ撲滅

1.核武装。
原子力潜水艦の建造とそこから発射できる巡航ミサイルの開発も同時にやる。
定額給付金に2兆円使うのであれば、その半分の金額で開発費用も含めてとりあえず二隻ほどできるのではありませんか? 残りの半分を維持・保守と次級の艦の開発・建造に充てる。
ちなみに核兵器保有国のひとつ、英国はその陸上には核兵器はありません。水の中にあります。
日本が核武装する上で必要かつ最も不足しているものは、核兵器を持つという日本国民の「覚悟」。

YouTube - 日本に求められる核武装と覚悟 1/3
YouTube - 日本に求められる核武装と覚悟 2/3
YouTube - 日本に求められる核武装と覚悟 3/3
YouTube - 日本 核武装のすゝめ


2.パチンコ撲滅。
北朝鮮の巨額資金源であるパチンコを日本からなくす。
郵政民営化とそれを推進するだけの力があるなら、その力をパチンコ撲滅に向けよう。
パチンコ撲滅を看板公約にして選挙戦を戦う政党はないのか?
パチンコを撲滅する上で必要かつ最も不足しているものは、パチンコを撲滅することがどう国益ないし公の利益になるのか、ということに関する日本国民の「理解」。

パチンコは娯楽としてなら何ら構わないが、その資金が総連経由で北朝鮮に渡り、自らの首を絞める核開発やミサイル開発に注ぎ込まれている事を現実的に認識すべきである。

パチンコ店における出玉の換金行為を取り締まり、かかる行為を完全に違法化するよう求める請願 - 真悟の会・堺 より)


YouTube - KOREA 韓流 パチンコ 警察 天下り 30兆円! 巨額の脱税! 1
YouTube - KOREA 韓流 パチンコ 警察 天下り 30兆円! 巨額の脱税! 2
YouTube - KOREA  韓流 パチンコ 北朝鮮送金ルートを断て


[二] 核武装と「保守派」について

ほんとに大事なことは、実は、ここなのです!

核武装にも関連して、いわゆる「憲法改正」というコトバがネット上にもけっこう躍っています。
「憲法を改正して、正規の軍備を整えよう!」といった類の文脈においてです。
もちろん、この「憲法改正」といったときの「憲法」は、紛れもなく「日本国憲法」を指しています。
しかし、この「日本国憲法改正」という思想・発想ほど極めつけの反日思想はない!ということを、上述、「核兵器を持つ国民の覚悟」云々を意識・考察する前に、知っておかなければなりません。

すなわち、
「日本国憲法の改正」を是とする者は、断じて「保守」なんかではない!ということを。
「日本国憲法の改正」を掲げる政党は、断じて「保守政党」ではない!ということを。
何と言われようと、コレ、これからも何度でも申し上げます。

... ということで、今の日本の国会には「保守政党」はありません。

現行の日本国憲法は「米国による日本占領管理基本法」であり(GHQは共産主義思想に少なからず共感していた者たちの巣窟でした)、これを改正する行為は、その共産主義思想保有者が日本に強要した「占領管理基本法」を日本自身が追認することとなり、国体護持とはおよそ真逆となります。

国体護持とはおよそ真逆の行いを為す者を指して「保守派」などとは言わないし、ましてや「真正の保守」などではありません。それは「左派・革命派」であり、表札には「保守」と書いてあっても、はたまた看板に「保守!ホシュ!ほしゅ!」と大書してあっても、大方は「リベラル」であり、その実、「反日極左」かもしれません。

国体護持を願う小生は、日本国憲法に関しては、いわゆる「無効論」や「新無効論」を支持しています。
唐突に思われるかもしれませんが、大日本帝国憲法は現存しており、「改正」すべきは大日本帝国憲法にほかなりません。

以上の一部は、小生が以前、某所にコメントしたものの転載です。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/42-3343218c
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |