oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

支那の少数民族地図

参考:中国の少数民族地図 (社会実情データ図録)

「少数」といっても、チワン族は約1600万人、満州族(満族)や回族は各々1000万人前後、ウイグル人は約800万人、モンゴル人とチベット人は各々500万人以上が生活しています。

北朝鮮との境付近には約200万人の朝鮮族が市街を形成しています。

図の中央あたりに「チャン族」とありますが、そのあたりが四川の大震災で最も甚大な被害のあった場所のひとつでしょうか。

共産支那がらみのニュースや話題があるとき、その個々の内容はともかくとして、こういう地図をあたまに思い浮かべることは有用と思います。支那という地域全体を「中国」という色の絵の具で、何となく一色塗りにしたままでいると、そうしたニュースや話題の背景に対する正しい理解や考察が妨げられかねないのが、多くの場合、我々の脳髄の現状ではないでしょうか。

以前にブックマークしていたこの「中国の少数民族地図」を今回思い出したのは、次のニュースがあったからです。

北京開会式「56の民族代表」も偽装でした

【北京五輪・偽装】8日の北京五輪開会式のアトラクションで、「中国の56民族を代表する」と紹介された子供の多くは、実際には各少数民族の衣装を着ていただけの漢民族だったことが分かった。北京五輪組織委員会が15日の記者会見で認めた。開会式当日に配布された資料には、子供たちは「中国の56民族からの56人」と明記されている。子供たちは開会式で中国国旗を持って行進した。共同電によると、記者会見で、同組織委の王偉執行副会長は「イベントなどではよくあること。たいしたことではない」と話した。

開会式をめぐっては、世界中に放映された、花火による“巨人”の足形が合成映像だったことや、革命歌曲を歌った少女の歌声が別人のものだったことも判明している。

中国のチベット自治区や新疆ウイグル自治区では、漢民族支配に対する住民の強い反発が顕在化しており、国旗入場の場面は民族融和を演出する狙いがあった。

(スポニチ、2008年08月16日)



共産支那に「民族融和を演出する狙いがあった」かどうかは必ずしも判然とはしませんが、のちに「偽装」と指摘されることを判ったうえでやったのかと思うほどの、なんともお粗末な偽装は、幼稚で自己中心的な犯罪者の為すレベルのものでしょう。


【YouTube で拾った動画】
桜井よしこが語る中国の問題点 1/2 (2008/08/01)
桜井よしこが語る中国の問題点 2/2 (2008/08/01)


醜い中国人 (徳間文庫)醜い中国人 (徳間文庫)
(2001/06)
黄 文雄

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/9-8bb341c4
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |