oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

野依先生の至言 「歴史という法廷」

ノーベル賞野依氏 「歴史の法廷に立つ覚悟あるのか」 事業仕分けのスパコン予算カットに

 ノーベル化学賞受賞者で、理化学研究所の野依(のより)良治理事長が25日、自民党本部で開かれた同党文部科学部会に出席し、政府の行政刷新会議の「事業仕分け」作業で、次世代スーパーコンピューターの開発予算が事実上凍結されたことについて、「不用意に事業の廃止、凍結を主張する方には将来、歴史の法廷に立つ覚悟ができているのか問いたいと痛烈に批判した。

 次世代スーパーコンピューターは、理化学研究所が主体で研究開発している。野依氏は「科学技術振興や教育はコストではなく投資だ。コストと投資を一緒くたに仕分けするのはあまりに見識を欠く。次世代スパコンはいったん凍結すると、瞬く間に各国に追い抜かれ、その影響は計り知れない」と強調した。

 また、「仕分け人」が「トップを取る意味はどれくらいあるか」などと質問したことに野依氏は「中国やアメリカから買えばいいというのは不見識だ。科学技術の頭脳にあたる部分を外国から買えば、その国への隷属を意味する」と述べ、「仕分け人」らの発想に疑念を示した。

(MSN産経 2009/11/25 11:05)


「事業仕分け」 ノーベル化学賞・野依氏、次世代スパコン「凍結」論を強く批判

2010年度予算の概算要求から無駄遣いを洗い出す「事業仕分け」は、後半戦2日目の25日、環境関連の予算についても切り込みを行い、地球温暖化防止の推進事業の一部について、「廃止」との結論が出された。
一方、事業仕分けでの次世代スーパーコンピューターの「凍結」論について、25日朝、ノーベル化学賞受賞者の野依良治氏が、自民党の部会で強く批判した。
理化学研究所理事長の野依氏は「科学技術振興あるいは、そのための人材育成というのは、将来に対する投資である。コストではなく、投資である。不用意に事業を廃止・凍結を主張する方々には、果たして将来、歴史という法廷に立つ覚悟はできているのかと話した。

(FNN 2009/11/25 12:37)



過去は過去、現在は現在、未来は未来、ではない。それらは、ぶつ切りの状態で存在しているのではない。科学技術もその研究者や開発者も、そしてそれらの成果も同様。「過去」なるものと「現在」なるもの、「現在」なるものと「未来」なるものとの間に仕切り板や境界線など、どこを探してもないのである。これらは決して、なにやら神がかった迂遠なことを申し上げているのではない。事実である。

科学技術もその研究者も、そしてその成果も、國體を構成する。國體の歴史は「永遠のいま」の展開であって、過去も未来も「いま」において「一」である。

「天壌無窮」という言葉がある。単に「時間の連続」とか「永久」とかを表現しているのではない。「永遠のいま」、「永遠という、いま」を意味している言葉である。

この瞬間、息をしている国民だけが、国民のすべてではない。然るに、この瞬間、息をしている国民が、この瞬間、息をしているのは自分たちだけであるのをいいことに、無限大の「主権」なるものを主張し、一切を決定し、その国民のすべてに係るものごとについて、場合によってはその漸進的修正を超えて、紛更を試みることが「自由」や「権利」とまで思い込んでいる。いや、思い込まされている。

あるいは、歴史や伝統を気持ちのどこかで卑下しつつ、先人や先駆者から受け継がれてきたものを「いま」から切断すれば、理性に基づく未来、理想の未来が到来すると信仰し、そのためには伝統や継受されてきたものへの血流を減弱ないし中絶することが欠かせないと考えている。

それは「人民主権思想」であり、全体主義・民主主義・共産主義等々、何らかの「主義者の思想」であって、國體に非ざる思想である。

そのような、國體に非ざる思想を保有している連中が、政治や行政や立法に携わり、現下「事業仕分け」なる作業を行っているのだから、そういう連中にとっては「歴史という法廷」の概念は少なくとも眼中の外、もっといえば眼中にないに違いない。

いや、むしろ、枝野くんや民主党の皆様方、民主党を支持している皆様方、および反日マスメディアの皆様方においては、「歴史という法廷」の被告人席にではなく、その検察官席や判事席、あるいは陪審員席に自ら着くことを夢想・妄想していらっしゃるのかもしれない。国民主権(民主、人民主権)の思い上がりである。万が一にもそれが思い上がりと気付くなら、まだマシ。

念のために書いておくなら、「人民主権思想」、全体主義・民主主義・共産主義等々何らかの「主義者の思想」は國體に非ざる思想であるが、「天皇主権」もまた國體に非ざる思想である。そもそも「主権」とか「主義」とか言っている段階で、アウトである。

野依先生の物事の本質を適切に言い表された御発言を有り難く拝聴させていただきつつ、以上のようなことを少し考えた次第である。



おまけとして書いておくなら、NHKと朝日には「歴史という法廷」、「歴史の法廷」に言及している記事は、いまのところ、ネットでは出ていない。

ちなみにNHKの当該記事はこんな感じ。


NHKニュース 11月25日 12時11分

ノーベル化学賞受賞者で理化学研究所の野依良治理事長は、自民党の会合に出席し、政府の作業チームが進める「事業仕分け」について、科学技術の振興は投資であり、コストだけを重視して判断すべきでないと批判しました。

この中で野依氏は、「事業仕分け」で科学技術関連予算の廃止や削減が相次いだことについて、「世界水準をしのぐ科学技術力なくして日本の存在はない。事業の必要性を公開で議論することは結構だが、科学技術の振興や人材育成はコストでなく投資であり、コストと投資をいっしょにして仕分けするのはあまりに見識を欠く」と批判しました。また、次世代スーパーコンピューターの開発の扱いについて、来年度予算案への計上を見送るべきだとしたことに対し、野依氏は「科学技術の基盤、頭脳に当たる部分であり、アメリカも中国も威信をかけて、しれつな競争をしている。いったん凍結すれば、瞬く間に各国に追い抜かれ、影響は計り知れない。買えばいいという人がいるが、他の国から買うことは、その国に隷属することを意味する」と述べました。出席した議員からは、「今の『事業仕分け』には理念がなく、その場の思いつきで判断している」とか、「科学技術は投資をしても結果が出ないこともあることを理解すべきだ」といった意見が出されました。



さすが、NえっちKと朝日は「人民主権」「お中国様万歳」といった非國體の思想を保有している連中が集う巣窟の最前線である。

朝日は今日の斜説にでも書くのだろうか。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/92-1ce23c9f
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |