oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

臣民度テスト (真正保守チェックシート)

國體護持塾 公式HP より
【基軸と運動(こころとそぶり)の臣民度テスト】 の一部分。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

この左翼小児病の勢力に対して、保守風味の反日勢力は批判を強めてはゐるが、その保守風味の反日勢力は、口では「尊皇」を唱へながら、象徴天皇制などと浮かれて占領憲法と占領典範を賞賛したり、これらを有効であるとして僅かながらの改正を主張する改憲論者であつて、GHQの洗腦が未だに解かれない付和雷同のお調子者であり、無自覚な売国奴に過ぎない。といふよりも、これらの者は、明らかに売国的な病気に犯されてゐる。その病名は、「右翼認知症」といふ。

この右翼認知症の患者たちに共通するのは、記憶力、記銘力、思考力、判断力などに著しい障害があることである。占領時代に起こつた事実とその恥辱を忘れ、経済的に豊かであることが幸福であると思ひ込み、民族としての志を失ふことを屈辱と感じないのである。具体的に云ふと、次の十一項目の症状のうち、該当すればするほどその症状は重症である。

(一) 歴史についての蘊蓄を自慢げに語り、特に、東京裁判史観に対する憤りを抱き、近現代史の歴史的事実に関してのみ異常なまでの知的好奇心を持つてゐる。

(二) GHQ占領期に起こつた事実を知識としてはある程度持つてゐるが、それに対する強い憤りがなく、この時代のことは仕方がなかつたことと諦めてゐる。

(三) GHQ占領期の事実について愚痴をこぼし、戦後レジームからの脱却などと勇ましく騒き、占領憲法に対して散々ケチをつけるにもかかはらず、占領憲法と占領典範は有効であり、改憲論しか主張しない。

(四) 戦後体制を批判するたけで、将来において祖国がどうあるべきかについての何ら具体的な理念や方策が判らないので示せない。

(五) 占領憲法第九条を改正さへすれば祖国が再生できると信じてゐる。軍事防衛だけで祖国防衛ができると信じてゐる。

(六) 占領憲法の改正が、自分たちの願つてゐない方向になることの危険性を感じてゐない。

(七) 占領憲法の象徴天皇制と国民主権は正しく、かつ、すばらしいので、これらは守るべきものであると信じてゐる。

(八) 占領典範が皇室弾圧法であることに気づいてゐない。

(九) 帝國憲法護憲論(真正護憲論、新無効論)が正しいとは知りながら、これまで改正論の運動や人脈を維持してきたことから、その腐れ縁が断ち切れずに、ダラダラと改正論を主張して運動してゐる。

(十) 改正論が真正売国奴の見解であることに気づいてゐない。

(十一) スローガンとして國體護持を叫びながら、國體の意味も内容も知らないし全く説明できない。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・






チャンネル桜様に番組の企画の提案があります。先ず間違いなくチャンネル桜様でしか実現し得ない番組です。
3時間枠の討論番組「闘論!倒論!討論!」で「保守を問う!國體と日本国憲法と新無効論」をやってほしいのです。
出演者は次の通りです。

【司会】 水島総
【ゲスト出演者】
渡部昇一 西村真悟 田母神俊雄 南出喜久治
西尾幹二 加瀬英明 高森明勅 竹田恒泰
(以上敬称略)

出演者に対してのみならず、チャンネル桜の視聴者に対しても、「保守を問う!」番組となります。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/96-3a3d4de2
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

» [動画YouTube版]真正護憲論公開講座 「本能」「家族」「祭祀」「國體」

平成21年11月29日(日) けんむの会 第3回 新憲法無効論(真正護憲論)公開講座 高知大会より = 真正護憲論を支える基軸 「本能」「家族」「祭祀」「國體」 = [[item(http://www.youtube.com/p/6532482DB17145E7&hl=ja_JP&fs=1,560,340)]] [http://www.yout...

 | HOME |