oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【動画】 大東亜戦争の真実 共産主義、コミンテルン、・・・

大東亜戦争開戦の真実


YouTube - 「大東亜戦争開戦の真実」4-1(H18.12.6)
YouTube - 「大東亜戦争開戦の真実」4-2(H18.12.6)
YouTube - 「大東亜戦争開戦の真実」4-3(H18.12.6)
YouTube - 「大東亜戦争開戦の真実」4-4(H18.12.6)


共産主義者の大東亜戦争責任


YouTube - 共産主義者の大東亜戦争責任(1/3)
YouTube - 共産主義者の大東亜戦争責任(2/3)
YouTube - 共産主義者の大東亜戦争責任(3/3)

YouTube - 「大東亜戦争とスターリンの謀略」三田村武夫 1/4
YouTube - 「大東亜戦争とスターリンの謀略」三田村武夫 2/4
YouTube - 「大東亜戦争とスターリンの謀略」三田村武夫 3/4
YouTube - 「大東亜戦争とスターリンの謀略」三田村武夫 4/4


政党や政治家の掲げている看板やスローガン、あるいは何らかの政治的・思想的主張を展開している者が掲げている看板やスローガンが「共産」や「共産主義」であれば危険、それ以外なら危険でない、という考えは危険です。

民主主義は全体主義や共産主義への手頃な入り口になり得ます。「全体(主義)!」とか「共産(主義)!」と言うと抵抗感を覚える数多の有権者や高齢者に対しては、「全体(主義)」や「共産(主義)」の代わりに「民主(主義)♪」と看板を掛け換えてあげれば簡単に騙せて投票させることができるかもしれません。

ほんでもって、選挙演説のときに候補者や党首が、有権者や高齢者の手首を両手で包むように握ってあげれば、頭の弱い有権者や高齢者ならイチコロかもしれません。
特に、連れ合いを亡くしていたり、持病を抱えていたりして、気力も体力も弱まり始めた高齢者の場合、候補者に目を見つめられて、手を抱えるようにして優しく握ってもらっただけで感情が高まって涙を流すかもしれません。
頭の弱い有権者や高齢者の場合、そうまでされたら、「ああ、この人なら皆の気持ちを汲み取ってくれて、がんばってくれそうだ、この人に投票しようかな~」となります。

「全体(主義)」や「共産(主義)」の代わりに掛け換える看板のコトバとしては、「民主主義♪」「国民主権♪」「リベラル♪」などがあります。
最近これに「友愛♪」「地方主権♪」というコトバが加わりました。



砕氷船理論 - Wikipedia
「氷を砕く」以外にも、「氷を溶かす」ってのもあるかな。「氷を溶かす旅」とかね。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog7.fc2.com/tb.php/98-3d6d8bf0
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME |